2018年5月24日 (木)

44 薔薇の展示会

2018_0521_130202cimg0237娘に誘われて西武球場へ行ってきました。野球ではなく[国際バラとガーデニングショウ」。野外に咲いている薔薇園を想像していきましたが、球場内に特設会場ができていてバスケット部門、ハンギングバスケット、切り花部門、ガーデン部門ですとか、(もっと沢山あったような)それぞれの大賞・入賞作品が陳列されていたりと見どころいっぱいでした、薔薇と言えば、大輪の・・というイメージしかない私にはビックリするような種類の多さでした。これが薔薇!!というような小さな花弁の種類や、カラフルな色の薔薇など、花にど素人の自分でも楽しく時間を過ごせました。

2018_0521_130228cimg02382018_0521_130814cimg0243
2018_0521_131152cimg0244

2018_0521_131610cimg02452018_0521_131914cimg02492018_0521_131838cimg0247

下のあどれすをクリックすると、アルバムが表示されますので、写真をクリックしてください。拡大されます。

http://soarer-2906.cocolog-nifty.com/photos/bseibu/

| コメント (3) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

43 成田山新勝寺最終回

2018_0515_145206cimg0175成田山参拝最終回は、釈迦堂の前の本堂である光明堂から。江戸中期における貴重な建物で、重要文化財です。大日如来、愛染明王、不動明王が奉安されています。最後の階段を上って平和の大塔へ。閉館の時間になってしまい中へ入れずに外から眺めただけになってしまいました。真言密教の教えを象徴する塔です。そのほか、聖徳太子堂、三重の塔など沢山の建築物があり4時間以上の時間を費やしました。御朱印も6ヵ所所でいただけましたが、大本堂と釈迦堂の2ヵ所でいただきました。
今回\(◎o◎)/!したことがあります。一つは、成田線というのは単線なのです。国際空港へ向かう鉄道が単線とは驚きました。もう一つは総門へつながる表参道ですが、坂道で緩やかなカーブでさらに狭いのに、なんと車が列をなして走ってくる。しかも徐行する車が少ない。表参道に車が乗り入れするのも\(◎o◎)/!でした。

2018_0515_161114cimg02142018_0515_154708cimg02082018_0515_160500cimg0210

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

42 続成田山新勝寺

成田山の続きです。その前に成田山新勝寺仁王門の提灯と浅草寺雷門の提灯の大きさですが、高さ2.8mと3.9m直径2.4mと3.3mで雷門の提灯の方が大きいようです。しかし、どちらも大きいのに変わりはありませんね(^_-)-☆
2018_0515_135438cimg0166仁王門を抜けると大本堂です大本堂の前に大塔婆があり、大勢の方が並んで触ってゆきます。それから大本堂へ。成田山と言えばお不動様でと言われるようにご本尊は不動明王です。左右に二人の童子を従えています。お祈りを済ませ御朱印を頂き、80段の階段を上って出世稲荷へ。今さら出世もありませんが、孫にご加護がありますようにと(^_-)-☆次に、かっての本堂であり重要文化財である釈迦堂へ。大本堂の建立に当たり、昭和39年に現在の場所に移ったそうです。釈迦如来、普賢、文殊、弥勒、千手の四菩薩が奉安されています。さらに続く・・

2018_0515_144646cimg01722018_0515_144728cimg01732018_0515_145206cimg0175_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

41 成田山新勝寺

2018_0515_134850cimg0159小学生のころ遠足で行っただけでした成田山へ行ってきました。成田山開基1080年際も開かれているので、大塔婆に触れてこようと思い立ったしだいです。成田山は真言宗智山派でご本尊は不動明王です。山号を成田山、寺号を新勝寺と言いますが、山号を省略せずに呼ぶのが普通になっています。特に寺号だけで呼ぶことは少なく、山号だけで呼ぶことの方が多い。とても広い境内なので参拝基本コースに沿って行動することにしました。狭い坂道の表参道を通り総門へ。開基1070年の記念事業により2007年に建立された総門。高さ15m、欄間にあたる部分には十二支の彫刻が施されています。成田山の表玄関ですね。総門をくぐると国指定重要文化財の仁王門があります。密迹金剛と那羅延金剛の二尊が奉安されています。中央の大提灯は浅草の浅草寺の大提灯とどちらが多き野か調べてみたいと思います。続く・・・

2018_0515_134812cimg01582018_0515_135136cimg0163

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

41 連休

Photo今年のGWもやっと終わり、世の中の歯車は普通に回り始めました。自分の場合は世の中と逆で昨日から三連休です。せっかくの休みなのに天気は荒れ模様。そして今日は寒の戻りのように気温が下がって、長袖に・・・昨日までは快晴続きで気温も高くなり半袖でした。寒の戻りが起こり易い日を「寒の戻りの特異日」と言いますが、これは4月の頃のこと。GWが終わってからのこの寒さ(震えるほどではありませんが・・)は何というのでしょうか。
疲れもたまっていることですし、購入したまま読み切れていない本がたくさんあるので、ゆっくり読書で過ごすことにします。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

40 八十八夜

PhotoGWもいよいよ後半になり、過ごし易い日が続いていますが、今晩から荒れた天気になる模様。まだまだ出かける予定のある方も大勢いることでしょう。大きな被害が無いようにと願うばかり。
立春から数えて八十八日目の夜。もうすぐ初夏を迎える時期。米という字を細かく見ると八と十と八を重ねてできています。このことから縁起の良い濃の吉日とされています。茶摘みの季節でもあり、八十八夜に摘んだ茶葉は、長寿の薬とも言われたそうです。これから暑い日がやってきますが、気をつけて過ごしたいものです。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月28日 (土)

39 初夏模様

2018_0427_154848cimg6030梅と桜が終わり、五月やツツジの番がやってきました。バス停までの道(徒歩3分くらい)も赤や白のツツジが咲きはじめました。過ごし易い季節が巡ってきました。この既設が長く続くといいのですが・・・

2018_0427_154826cimg60282018_0427_154834cimg6029

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月24日 (火)

38 訃報

「鉄人」と呼ばれた元広島カープの衣笠幸雄さんがお亡くなりになりました。広島カープの最初の黄金期を築いた選手。平安高校から捕手として入団し、その後内野手に転向、主力選手になる。ホームラン王、打点王のタイトルも取り、シーズン最多安打も記録した年もありました。スワローズの山田選手がホームラン王と盗塁王を取り話題になりましたが、衣笠選手も盗塁王になっているのです。MVPやベストナイン、ゴールデングラブ賞などにも輝いている名選手ですが、なんといっても「鉄人」と言われる所以となった「2,215試合連続出場」。これは当時世界1でした。(今は世界2位だったと思います。)怪我にも強く、ほかの選手では絶対に休むような場合でも出場しました。そんな「鉄人」が71歳で・・・。自分と同じ大腸ガンとの報道ですが・・残念でたまりません。優しい解説が好きでした。プロ野球史上2人目の国民栄誉賞に輝き、背番号3は永久欠番になっています。ご冥福をお祈りいたします。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

37 季節移りて

201804寒さ暑さも彼岸まで・・・と、よく言われますが、だんだんとそのような季節になってきました。あれだけ見事に咲いていた桜の木々も、涼しげな葉桜になっています。セミの鳴き声と、木陰が嬉しい季節ももうそこまでという k気がします。気が付けばもう4月も半ば・・・プ2018042ロ野球も開幕して全チームと当たり、我がつばめさんはまずまずのスタート(昨年が悪すぎ)を切っています。今年は少し期待をしてしまいそう*^-^*) ニッコリ☆

葉桜の みどりさわさわ 時移り
空色に 緑映えるや 画のごとし
爽やかな 季節移ろい 風薫

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

36 八十八ヶ所巡り

2018_0328_114702cimg008933番目の札所は、真言宗豊山派・慎性寺。参拝者が絶えないこのお寺の巡礼のおかげで巣鴨が発展したとも言われている。中山道を見守った唐銅製のお地蔵様や、松尾芭蕉の句が刻み込まれた脾があります。大きなお地蔵さまは江戸六地蔵の1つです。
四国霊場33番札所 雪渓寺
旅の道 うえしも今は 高福寺 のちのたのしみ 有明の月

2018_0328_114708cimg00902018_0328_114430cimg00852018_0328_114858cimg0094

| コメント (2) | トラックバック (0)

«35 玄鳥至る