2019年5月19日 (日)

岩手その3(完)

胆沢ダム・・岩手県奥州市胆沢区、胆沢川上流に2013年に完成した多目的ダムで、ロックフィルダムとしては国内最大級の規模のダムです。すでにあった岩淵ダムのすぐ下流に建設され、湛水後に生まれた奥州湖によって岩淵ダムは水没しました。遠くの山々にはまだ雪がのこっており、朝日を浴びて光っていました。とても清々しい気持ちになれました。

ロックフィルダム・・主として岩石を積み重ねて造るダムの形式。内部または上流側に、遮水壁を設けて水漏れを防ぐ。

Cimg1026_1 Cimg1025 Cimg1032

Cimg1023

 

| コメント (0)

2019年5月12日 (日)

24 岩手その2

  Cimg1013奇跡の1本松。350年にわたって植林されてきた7万本の松の木が茂っていた高田の松原。日本百景にも指定された景勝地であったが、東日本大震災の津波の直撃を受けほとんどの松の木がなぎ倒され壊滅状態になった。その状況の中で1本の松が波に耐えて、立ったままの状態で残ったことから、この木は震災からの復興への希望を象徴するものに捉えられるようになり「奇跡の1本松]や[希望の松]と呼ばれるようになった。
震災後、この松を保護する活動が続けられたが、根が腐り、枯れ死と判断されたが、震災からの復興を象徴するモニュメントとして残すことになり、様々な処理をして、もとの場所に立てられた。

m松の近くではまだまだ復興の工事中で、多くの大形工事車両が砂埃をあげて走っていました。本当の復興にはまだまだ年月がかかりそうです。

| コメント (2)

2019年5月10日 (金)

23 岩手その1

 日本百景 猊鼻渓のそそり立つ奇岩の連なりに、うっっ蒼とした緑が素晴らしい日本百景のひとつに数えられる「名勝・猊鼻渓」の景勝を、見ながら舟に乗り川を下ってきました。前日に雨が降ったために水は濁っていて鯉などの魚は見えませんでしたが鴨が沢山泳いでいました。かなり慣れているらしく船の側までやってきて餌をもらっていました。この舟は船頭さんが竿一本で操作します。手漕ぎだけで運行するのはここだけのようです。往復1時間今日はかなりの重労働ですね。「げいび追分」をすてきな声で歌いながら竿を左右に持ち替えて見事に舟を操っていきます。それぞれの名所の由来などを説明されましたが、撮った写真を見ても名前が????

 Cimg1000Cimg0977 Cimg0982_1  Cimg0984 Cimg0990 Cimg0992 Cimg0997 Cimg1000 Cimg1004 

| コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

22 令和慶祝カラー

年号が令和に替わり、日本流行色協会から「令和慶祝カラー」が発表されました。
令和が万葉集の梅花の歌の序文をもとに選ばれたことから、春の訪れを知らせる日本の代表的な花にちなんで剪定されたそうです。「自然の美しさを愛でる穏やかな日々が未来永劫続くように」という願いが込められているそうです。

桜色の由来・・現代で桜と言えば、ソメイヨシノやヤエザクラを思い浮かべますが、この色が誕生した平安時代はヤマザクラが主流。
菫色の由来・・すみれの花の色は、平安時代から知られていましたが、「菫色」という言葉がよく使われるようになったのは明治時代の事。イギリス色名の「ヴァイオレット」の訳語として使用されてからとのことです。
梅色の由来・・奈良時代以前「花」と言えば梅の事。別名「春告草」というように、雪に覆われた冬の景色に初めて訪れる春の彩里。それは桜色でも桃色でもなく、ひっそりと咲く紅梅の赤。梅色には、「紅梅色:のほかに」濃紅梅」「中紅梅」「薄紅梅」などがあります。このたびの梅色とはどれにあたるのでしょうね。

「日本の伝統色を愉しむ」を参考にさせて頂きました。

 

| コメント (0)

2019年4月30日 (火)

21 単語登録

マイパソコンは古いために「令和」という単語が登録されていません。

h一文字ずつ入力変換するのは面倒なので「令和」という単語を登録しました。

ご存知の事と思いますが参考までに。

言語バー」のなかの「ツール」をクリックし、表示された項目の「単語の登録」をクリックします。
単語の登録ダイアログボックスが表示されますので、登録する単語を一文字ずつ入力し、読みの欄に「れ」または「れいわ」と入力します。「登録」をクリックして「閉じる」をクリックして終わりです。「れ」で登録した場合は「れ」と入力した段階で変換します。

| コメント (2)

20 平成最後の日

31年間の平成時代は、仕事では23年という長きにわたり役職を務め、辛い日々や悩んだ時期もありましたが、それなりに充実した時代でした。長い単身赴任で家族には迷惑をかけどうしでした。また両親が亡くなったり、娘が重い病になり長い入院と治療という悲しい出来事もありました。そんな辛い時期を助けてくれたのが孫の成長でした。生まれてすぐに娘が入院しましたので、乳児の時は我が家で生活し、妻が世話をしてくれました。その孫も早いもので今年は中学2年生に。勉強に野球に忙しい毎日を送っているようです。最近は我が家に来ても「よっ!」と言って手をあげるだけ。パンダも孫も可愛いのは小さいうちだけ*^-^*) ニッコリ☆ 明日からは新年号の「令和」になりますが、我が家も世の中も平和でよい時代になるように祈るばかりです。

ちなみにマイパソコンには「令和」という単語は出てきません。登録しないといけませんが・・・

| コメント (0)

2019年4月18日 (木)

19 10連休

今年のGWは10連休に。こんなに休んでいいのでしょうか???休みを撮れば10連休になるのかと思っていました。
認識不足というか、わかっていないというか、法律で決められたルールによって10連休になるのですね。
5月1日の即位の日が祝日になりました。法律で、祝日に挟まれた平日は休日になるということです。
4月29日の昭和の日と5月1日の即位の日に挟まれた4月30日が休日に。さらに5月1日と5月3日の憲法記念日に挟まれた5月2日が休日に・・・ということで土曜日を入れて10連休になります。カレンダーによると4月30日の退位の日が祝日のマークが付いているものもあるそうですが、これは祝日ではなく法律によって休日となる日です。個人的に休有給などを使わずに暦の上で10連休なのですね。記事にするのは恥ずかしいのですが(^^ゞ(^^ゞでも10連休など本当に必要なのですかね。実際に10連休する人ってどれくらいいるのだろうか?自分などは、大半が仕事になりますが・・・役所などはどうなんでしょうか・・交代でどなたか出勤しているのでしょうか?後で聞いてみようと思います。それから10月22日は即位礼正殿の儀という行事で今年だけの祝日になるそうですね。
余談ですが、ブログのサイドに設置したマイフォトの写真の説明が表示されず、写真もばらばらで何が何だか分からなくなってしまいました。ヘルプから質問もできない状態です。とても使いにくくなってしまい困っています。


| コメント (2)

2019年4月 5日 (金)

18 今年の桜パート2

Cimg0969今日は初夏を思わせる温かな1日になりました。
今年も見事に咲いた桜を見ながら、県会議員の期日前投票に行ってきました・
  この川沿いの桜並木は宴会を開く場所がないので、大騒ぎをする人もなく、
静かに桜を楽しむことができるので好きな場所です。
酔っ払いもゴミも出ませんので*^-^*) ニッコリ☆
今年も見事に咲いてくれました(^_-)-☆

Cimg0968 Cimg0968 Cimg0962 Cimg0960 

Cimg0962 Cimg0964 Cimg0961

| コメント (2)

2019年4月 2日 (火)

17 今年の桜

Cimg0949_1Cimg0956Cimg0952Cimg0955Cimg0954

各地で桜 の開花や満開の報道がなされていましたが、我が家の周りの桜もやっと世間並みに開花しました。

満開まではもう少しなのですが、今日は風が強く花びらが舞っています。

せっかく咲いたのですからもう少し楽しませて欲しいものです。

ブログの作成方法が変わってしまいとても使いにくいです。

画像の調整もうまくいかず(>_<)移動もままならずフォントの大きさも方法わからず・・

とっても面倒になりました。

| コメント (1)

2019年3月15日 (金)

16 春なのに

Photo今年2度目の目の検査日。天気も良いので帰りはぶらぶらと家紋を探しにお寺さん巡りでもと思っていました。駅へ向かう途中の公園に梅が咲いていました。この公園は桜も咲きます。*゜✽。+*✽  (´ω`*)桜*。゜.:キレイ:.゜。*ダナッ☆ の場所取りがまた始まるでしょう。予約の時間をだいぶ過ぎましたが、一応想定内に順番が来ました。そこまでは良かったのですが、結果がよくなかった(>_<)左目に出血が・・様子を見ても良い段階とのことですが、早めに手を売っておいてもいいのかな・・・ということので何年振りかで目に注射を打ちました。予約外の施術ですので当然のことながら延々と待ち時間が・・・・8時に家を出て薬局で薬をもらい家に着いたのが17時30分ごろに・・着かれました_ノフ○ グッタリ
帰り道で土筆が出ているというので写真を撮りましたが、瞳孔を広げる薬のせいでぼんやりとしか見えません・・・・とれているのかどうか?春なのにちょっと憂鬱な1日になってしまいました。

Cimg0946Cimg0945Cimg0947

| コメント (4) | トラックバック (0)

«15 桃の節句