大輪の花を支える枝があってこそ花生きる