枯葉がはなしながらか、あるいは自分に挨拶をして去っていく。
忙しい世の中の出来事のよう。