「このさちを ねがうこころが でんとうに」
母親が娘の健康を幸せを願って作った吊るし雛。
母の心がわかるから、娘へそして孫へと引き継がれていったのでしょう。