北風から、守ってくれる藁の囲い。
春が待ち遠しい我が子を思うかのようです。