悲しい老婆の物語があります。