「えんがくじ」と呼びます。
鎌倉時代後半、北条時宗が中国より禅師を招いて創建した。
時宗公は禅を広めたいということと、蒙古襲来による殉死者を弔うために円覚寺建立を願ったそうす。