パソコンが固まって操作できない時の修復操作で、「Ctrl」+「Alt」+「Delete」の3つのキーを押して修復をされた経験は多くの方がお持ちのことと思います。

1度目の操作で固まっているソフトの「強制終了」ができ、もう1度操作をするとWindowsを終了して「再起動」をかけてくれますね。

しかし、パソコンは立ち上がっても保存していない部分が消えてしまいます。

そのような最悪の場面を少しでも無くすのに役立つ小技がこれです。
「Ctrl」+「S」キー    この操作は「上書き保存」です。
ちょっと手を休めるときに、この2つのキーを押しておくと万が一の時に最悪の事態を避けられると思いますので使ってみてください。