思ってもいない文字に変換されてしまうことは経験されていると思いますが、こんな時に役に立つのが「変換」キーです。
確定した後でも、その文字を範囲選択して「変換」キーを押すと、変換候補が表示されます。

通常文字を入力中にスペースキーを使って変換すると思いますが、中には「変換」キーを利用する方がいますが「変換」キーの本来の目的はこのやり直しに使うことだと思います。