入力し終わった文章を読み返していたら、漢字を間違えているのに気づくことがあります。こんなときには、「間違えた箇所の削除→再入力→変換」という作業をしなくも、簡単に再変換して修正できるテクニックがあります。
一度、変換・確定をした後で、「効く」と「聞く」を間違えたのに気づきました。

「効く」の文字を選択して、[スペース]キーのとなりにある[変換]キーを押します。表示された変換候補の中から正しいものを選択します。


(注)再変換の機能は、ソフトウェアによっては、対応していない場合があります。