ウィンドウズパソコンのキーボードには、左下にウィンドウズのマークがついたキーがあるものが多いはずです。これは「ウィンドウズ」キーと呼ばれるもので、主に操作の簡略化に利用します。例えば、ウィンドウズキーだけを単独で押すと「スタート」ボタンをクリックした場合と同じ働きをします。スタートメニューに登録されたソフトを起動する場合、カーソルキー+エンターキーでソフトを選ぶようにすれば、マウスを使わずに操作が完了します。

 ウインドーを一時的に隠し、デスクトップを見たい場合には、「ウィンドウズ」+「D」キーが便利です。単にウインドーを全部最小化したい場合には「ウィンドウズ」+「M」でもいいです。
ファイル操作のためにエクスプローラーを開くには「ウィンドウズ」+「E」を、ファイルを検索したい場合は「ウィンドウズ」+「F」です。
その他、(Windows7専用)
「ウィンドウズ」キー+↑(最大化)、↓(最小化)、←(画面を左半分のサイズに)、→(画面を右半分のサイズに)、スペースキー(全ウィンドウを透明化してデスクトップを表示)