タスクバーのアイコンを右クリックすると現れる「ジャンプリスト」は、Windows7の便利な新機能の1つです。
ジャンプリストにはそのソフトで過去に開いたファイルやWebページなどのリストが表示されます。
例えば、Wordで最近作成した文書を修正したい場合、Wordのアイコンを右クリックしてジャンプリストからファイル名を選択するのが便利。クリック2回でファイルが開けます。
それから、ジャンプリストの履歴は使っているうちに入れ替わってしまいますので、よく使う文書はジャンプリストに常時表示させておきましょう。
ジャンプリストの項目名にマウスポインタを合わせると右側にピンのアイコンが表示されますので、それをクリックしますと項目名がジャンプリストのいつも表示という最上部に登録されます。
複数のウィンドウを開いているとき、それらをまとめて閉じる機能もなかなか便利です。そして、ジャンプリスト機能を使うことで、デスクトップがアイコンでいっぱいなんてことが無くなりますね。
よく開くWebページなども、お気に入りから探すよりとっても早いです。
ジャンプリストを上手に活用して作業効率をアップしてくださいね。。