本所7不思議のひとつ
寒い冬の晩に、毎晩蕎麦屋が店を出す。
しかしおかしなことにいつも明かりがついていない。
客が火をつけてやるが、ふっと消えてしまう。
何度つけても消える。
こうして帰った客の家には必ず凶事が起きたという。