悲しいことも嬉しいことも交互に来るもの。
今が悲しいからと言って嘆いてばかりいてはいけない。