大宮の市街地、見沼の雑木林にある「染谷花しょうぶ園」は、毎年6月の1ヶ月間だけ開園していると言う。残りの11ヶ月間は毎年6月に綺麗な花を見て貰うための手入れ期間だという。よく手入れが行き届いており、いつ訪問しても綺麗な花を楽しめるように、盛りを過ぎた花は取ると言う。園の中央にある、花見台からは330種類20,000株の見事な花菖蒲が観賞出来る。花の名前は交配した人が付けると言われるが、それにしても、町むすめ、業平、姫鏡等々、色々面白い名前が付いている。