2017年11月22日 (水)

120 小雪

Photo今日11月22日は「小雪」。寒さが厳しくなってきてそろそろ雪が降り始めるころ。それでも例年それほどの寒さではないのですが、今年は寒いですねぇ~~。話は変わりますが、「小雪」を「こゆき」と読んでいたという話を聞きましたので漢字の本から・・・。漢字の読み方には音読みと訓読みがあります。漢字は大昔の中国で発明された文字で、音読みは、もともと中国語の発音。訓読みは、漢字の意味を日本語に翻訳して生まれた読み方。ですから、中国から伝わった「小雪」は「しょうせつ」と読みます。どんな文字にも音読みと訓読みがあります。しかし、日本語に翻訳された訓読みですが、辞書には載っていても、実際には使われない訓読みも多いようです。どの文字にも音読みと訓読みがあると書きましたが例外もあります。国字(こくじ)といって、日本で作られた漢字です。これらは日本で作られたので、中国語としての発音は持っていないので、音読みも存在しないのです。それでも例外中の例外があって、「はたらく」と訓読みする「働」は国字ですが「どう」と音読みで読まれています。日本語って、漢字って難しいですね。同音異義語なんかも面倒ですよね*^-^*) ニッコリ☆

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

119 定期検診

2017_1121_121956cimg00013ヶ月ごとの目の定期検診に行ってきました。13時予約ですので途中でお昼ご飯を食べてと思い、10時ごろ家を出ました。御茶ノ水で食事をし、12時15分ごろ1階で受付終了。8階の眼科へ行きましたら広い待合室が人であふれていました。なにこれ~~状態に\(◎o◎)/!混んでいるのは想定内ですが、この状態は想定外です。看護師さんによると、午前中の診察が終わらないとのこと。「先に食事でも…」といわれましたので、「済ませました」と答えると、本当に困った顔になってしまいました。13時30分ごろ眼底撮影、眼圧などの検査をし、待つこと2時間。。。。。診察は15時半ごろになりそうとのことで喫茶店で時間をつぶし、15時20分に戻りましたが・・・・・診察の順番が回ってきたのは17時30分・・・診察は10分ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ です。薬局で薬を手配して帰り着いたのは20時・・・_ノフ○ グッタリ疲れました~~~診察の内容によって順番を後先にという融通を、とも思うのですが、きっと苦情も出るでしょうね・・・順番を飛ばされたと・・・今回も受付の女性にどなっている方が2人いました。

御茶ノ水駅から病院までの途中に天下の御意見番「大久保彦左衛門」の屋敷跡地という石碑を発見。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

118 Excelに便利

2017_1117_202534cimg0001_2Excelのステータスバーで複数のsheetを使用している場合に便利な小技です。左の図はsheetが、1月から7月まで使用されている状態です。そして現在は4月のsheetが開いている状態だと思ってください。この状態で5月を開きたいときは「ctrl」+「fn」+↓を押すと5月のsheetが開きます。その状態で↓を押すと、6月のsheetが開きます。上向きの↑を押せば逆に3月、2月と開くことができます。マウス操作なしで左右のsheetが開けますので、ちょっと便利かと思います。但し、Windows7以降の新しいパソコンでは試していません

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

117 冬突入

Photo冬の到来を告げる立冬。「二十四節季」の19番目に当たる季節で、「冬の気配を感じる日」で、暦の上では冬になります。立春・立夏・立秋と共に季節の大きな区切りとされています。立冬に入り一週間が過ぎ、この後「小雪」~「大寒」と厳しい寒さが襲ってきます。旬のおいしいものをたくさん食べて元気に乗り切りたいですね。昔は寒さに強く、真冬でも半袖のユニフォームで仕事をしていましたが、今は何枚重ね着をしているやら(^^ゞ洗濯物が増えて申し訳ないですが、風邪を引いて仕事を休むよりはと思っています。
明日は七五三.数えで五歳の男の子、女の子は三歳と七歳の可愛い子たちが健やかに成長したことを祝う行事ですね。昔は医学が整っていませんでしたので、今より子供が育っていくことが大変でした。長生き、めでたいという意味で千歳と名付けられた飴が「千歳飴」です。江戸時代に浅草の浅草寺境内で売られたのが始まりといわれています。我が孫も五歳の時に羽織袴で刀を持つ勇ましい姿で写真に納まりました。早いもので来年は中学生になります。これからも病気怪我をしないでと願うばかりです。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

116 伝統色

しばらく遠ざかっていた五七五・・久しぶりに頭を捻ってみました。日本の伝統色である「和色」を取り入れた句に挑戦(^^ゞ
赤とんぼ 茜の空に 見え隠れ
山々も 丹色柿色 秋深し
夕暮れを 朽葉踏みしめ 我1人

豊作に 黄金(こがね)の稲穂 たわわなり

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

1115 知りませんでした2

Photo秋になると紅葉が始まり、山が色づいたとか、木々が色づき始めた・・・などといいませんか?実はこの赤や黄の色は新たに染まったのではなくもともと葉の中にあるのだそうです。赤や黄の成分は緑の成分と共に葉に含まれているのですが、日差しの強い春から夏に掛けては、緑の成分が圧倒的に多いので他の色は隠されている。しかし、秋になると緑の成分は分解され、色あせるので、もともとあった赤や黄が現れるのだそうです。それでも、色づいた、色づき始めたという言葉は、暑い夏が過ぎ、涼しい季節になってホッとする言葉ですのでこれからも使いますね。*^-^*) ニッコリ☆ 公園の木々も少しずつ赤く色づいていました(^_-)-☆

2017_1106_113552cimg00022017_1106_113632cimg00042017_1106_113652cimg0005


| コメント (8) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

114 知りませんでした

2003_0205_092048cimg6005KOBAN」このような表示になっているのを知りませんでした・・と、いうより気が付きませんでした。何時頃からこのような表示になったのか調べてみる気になりました。自分の中では、お巡りさんが家族で住んでいるところを「派出所」でお巡りさんだけがいるところが「交番」だと思っていました。
交番が初めてできたのが明治7年、警官が交代で番をする所で「交番所」といいましたが、世間では「交番」と呼んでいたそうです。そして明治14年に警官を配置するところという意味で「派出所」と名前が変更になりました。それでも多くの人は「交番」と呼んでいたようです。事件があればすぐに対応でき、普段はパトロールもするのが評判となり、海外から日本の交番を視察に見えたそうです。その結果、アメリカ、ブラジル、タイなどで交番が造られて「KOBAN」という言葉が世界中に広がり、外国人にもわかり易いように派出所から交番に呼び名を変えたのが平成6年だそうです。しかし、「KOBAN」の看板が何時頃設置されたかはわかりませんでした。写真の交番を見たときは\(◎o◎)/!しました。会社でこの話をしたら、知っている人もいましたが、何時頃かはわからないそうです。ただ「結構前から・・」とのことでした。もっと周りに気をつけなければと思いました(^^ゞ(^^ゞ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

113 予防接種

インフルエンザにかからないように、予防接種をしてきました。今年は、ワクチンが少ないとのことで早めにと思っていました。間に合ってよかったです。病院は混んでいまして1受付から時間10分待ちました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

112 木枯らし1号

Photo台風がやっといなくなったと思ったら、今日は東京で「木枯らし1号」が吹いたと発表がありました。寒い1日になりました。木枯らしとは、木を吹き枯らすということからきた呼び名です。秋から初冬にかけて吹く冷たい北寄りの強い風。「木枯らし1号」と呼ばれるには、いくつかの条件があります。①時期は10月中旬から11月末②西高東低の冬型の気圧配置の時に吹く北寄りの風③秒速8m以上と。この3つか揃って「木枯らし1号」と呼ばれます。それから、「木枯らし1号」と呼ばれるのは東京と大阪だけ。理由は??確か、人口が多い・・というだけだったような?・・貞赤でありません<(_ _)>風邪をひかないようにうがいと手洗いを忘れずに実行しましょう。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

111 イルミ点灯

2003_0123_104456cimg6001大型台風が接近しつつある中、毎年恒例のさいたま新都心駅コンコースにイルミが点灯しました。ビックリするほどの大きさと明るさではありませんが、Xmasそして年末が近づいていることを感じます。今年も残りわずか1年はあっ!という間に過ぎて行きます。

2003_0123_104521cimg60032003_0123_104446cimg6000

| コメント (6) | トラックバック (0)

«110 選挙