« 懲戒処分基準見直し | トップページ | いじめが無くならい原因は? »

2006年10月30日 (月)

学校を選べる権利を!

岐阜の女子中学生の自殺について、学校側は今日の会見で「いじめと自殺の関係は認められない」と発表していました。

あまりにもひどい応対だと思います。会見をしている校長先生は「混乱していて間違ったことを言ってしまった」とのことですが、ひどすぎますね。

自分たちの体裁と保身のためだけに動いている気がします

国会でいろいろな答弁が行われているところがニュースで放映されていましたが、どこかピントががずれているような気がしているのは私だけだろうか?

どうすれば自殺をしないで済むか!ということについて具体策を相談して欲しいです。

学校選択制ー自分の好きな学校へ行ける・選べる、このような具体策について話し合いをして欲しいと思います。

いじめを受けている子は毎朝どんな思いで学校へ行っていたのか?

今日は何をされるのだろうか?そんな思いで学校へ通っていたかと思うと、とても悲しくなってきます。

こんなことがいつまで続くのだろうか?

遺書も同じ様な内容になってきています。

今世の中でどれくらいの子がいじめに悩んでいるのだろうか?

先生たちしっかりしてください。これ以上犠牲者をださないように目配り・木配りしてください。

« 懲戒処分基準見直し | トップページ | いじめが無くならい原因は? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学校を選べる権利を!:

« 懲戒処分基準見直し | トップページ | いじめが無くならい原因は? »