« いよいよ冬! | トップページ | 最近腹の立つこと(2) »

2006年11月28日 (火)

最近腹の立つこと(1)

あまり政治に詳しいわけではありませんが、今回の自民党の復党劇にはいささか怒りを覚えるのは私だけなのだろうか?

「郵政民営化反対」と大見得を切って、選挙戦を戦った方々、今度は、「郵政民営化」に賛成するから自民党に戻りたいと言い出しました。

自民党も復党をさせる方向で進んでいます。

私が怒りを覚えるのは自民党の方もそうですが、戻りたいと願う造反といわれている議員さんたちにです。

選挙のときに、「郵政民営化」に反対票を投じた人たちの気持ちはどうするのですか?

これは、応援してくれた方々への裏切りだと思いますが?

昔、キリシタン信者を探すために、「踏み絵」ということをしました。

でも、キリシタン信者の人々は踏みませんでした。

殺されるのが分かっていてもです。

農民の方が多かったと思いますが、信念を持って行動しました。

大学を出て、立派な学問・知識を持った方たちが人を裏切ってでも、自分の身を守ろうと取った行動とはかなり違いますね。

コメントを聞いて情けなさが増しました。「民営化にはもともと賛成だったのだよ、ただやり方に反対しただけ」などというコメントでした。

選挙戦のときの映像が映し出されましたが、思いっきり自民党をののしっていました。

忘れてしまうのですかね。

これが今の一般的な政治家の実態なのですかね。

選挙に当選すればいいという方たちばかりなのでしょうね。

その中で、若手議員たちが、今回の自民党のやり方について反対のコメントを話していましたので多少救われた気分です。

政治は「情」などという古い政治家には早く引退してもらいたいですね。

次の選挙には本当によく考えて1票を投じて欲しいと思います。

この造反組の議員さんたちに政治の世界にいる資格は無いと思いますし、

情け無いの一言だと思います。

« いよいよ冬! | トップページ | 最近腹の立つこと(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

せっこさん こんばんは。
「草枕」懐かしいです。
その当時も住みにくかったのですかね、人の世は?
最近のニュースを見ていて、なんだろうこの国はと思いますね。
「腹の立つこと」しか放送されないですよね。

安部総理の「美しい国」の意味もよく分かりません。
「まともな国」が先のような気がします。

投稿: kazu | 2006年11月29日 (水) 23:28

kazuさん今晩は
私も政治の事は良くわかりませんが変わり身の早さには驚きですね!!
腹が立つことは考えたら切りないほどあります。そういう時、夏目漱石の「草枕」の一文が思い出されます。
<智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。>
ホント、住みにくい社会です。

投稿: せっこ | 2006年11月29日 (水) 19:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近腹の立つこと(1):

« いよいよ冬! | トップページ | 最近腹の立つこと(2) »