« 風邪引きさんがいっぱい! | トップページ | ハトが巣作り。 »

2006年12月22日 (金)

かぼちゃとゆず湯

今日は冬至です。

1年中で昼が1番短く、夜が1番長い日ですね。

冬至には「ゆず湯」に入り、「冬至かぼちゃ」を食べる風習があります。

「ゆず湯」は、厳しい寒さの中でも健康に暮らせるように、浴槽に柚子を浮かべて入るお風呂のことです。

ゆず湯は、風邪を防ぎ、皮膚を強くする効果があります。

冬至は湯に使って病を治すー湯治(とうじ)に引っ掛けているそうです。

柚子は融通が利くようにという願いがこめられています。

江戸庶民から産まれたとのことです。

07_1024_1 「かぼちゃ」は、厄除けになる、病気にならない,と言われます。

実際に、かぼちゃには、カロチンやビタミンが多く含まれています。

冬にビタミンなどの供給源が不足した時代は、かぼちゃは貴重なものだったといえます。

かぼちゃの写真が見つからないのでごめんなさい。

でも今の若い人たち、かぼちゃ食べるのだろうか?

« 風邪引きさんがいっぱい! | トップページ | ハトが巣作り。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

せっこさん おはようございます。
昔から続いている習慣とか風習については、必ず何か理由があるのですね。
ゆず湯って香りもよく気持ちいいですよね。
人工の入浴剤とは違う感じがします。
肌がつやつやになる気がします。
残り9日、頑張りましょう。

投稿: kazu | 2006年12月23日 (土) 07:11

kazuさん今晩は
今日は冬至だったのですね!
知らなかったけど、今夜は準夜勤務でお弁当にかぼちゃが入っていました。
同僚からは柚子をたくさんいただきました。
明日は早速お風呂に入れたいと思います。


投稿: せっこ | 2006年12月23日 (土) 02:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112400/13164036

この記事へのトラックバック一覧です: かぼちゃとゆず湯:

« 風邪引きさんがいっぱい! | トップページ | ハトが巣作り。 »