« 甲子園13日目! | トップページ | 七七日忌の法要 »

2008年8月16日 (土)

甲子園14日目!

Photo 夏の甲子園もいよいよ大詰めですo(*⌒―⌒*)oにこっ♪

準々決勝第1試合

大阪桐蔭と報徳学園という打撃のチームの対決でした。

2-4とリードされた大阪桐蔭ですが6回、打者9人で4安打3点を奪って逆転に成功し、3年ぶりの4強入りです。(^_-)-☆

平田(中日)中田(日本ハム)という2人の4番バッターの後を継いだ大阪桐蔭の4番萩原選手高校通算23号が甲子園初ホーマーです。

4番の重責を果した萩原先取をはじめ先発全員16安打の猛攻でした。

 準々決勝第2試合は慶応と浦添商の試合でした。

慶応は2番手で登板した「力道山の孫」田村投手、5回6回と好投しましたが、7回の先頭打者を三振に取ったところで、左足裏親指付け根付近のたこが裂けてしまい、テーピングをして続投しましたが、92年ぶりの全国制覇の夢は叶えることができませんでした。

只野投手との2枚看板で準々決勝まできましたがベスト4はなりませんでした。

沖縄の浦添商準決勝進出です(^_-)-☆

準々決勝第3試合は強打の智弁和歌山と試合巧者常葉菊川の試合でした。

13-10、両チーム合わせて30安打の打撃戦、試合展開になるとは思いませんでした。

6回になんと10点を奪われ2-13と11点差を付けられた智弁和歌山が終盤に猛反撃。

8回に4点、9回も4点を返し3点差まで迫り

ましたが、最後はプロ注目の4番坂口選手が内野ゴロに倒れて準決勝進出はなりませんでした。

6回にホームランを含む7安打、4四死球で打者15人を送る猛攻で10点を挙げた常葉菊川、2年連続ベスト4進出です(^_-)-☆

準々決勝第4試合は聖光学院と横浜の試合でしたが、甲子園でよみがえった横浜の筒香選手大活躍でした。

5回に2ランホームラン、6回には満塁ホームランなど8打点の大活躍でした。

6回には打者一巡の猛攻で6点を奪い、投げても左腕土屋投手が危なげない内容で8回1失点の好投で完勝でした。

横浜ベスト4進出です(^_-)-☆

準決勝の組み合わせ

浦添商(沖縄)-常葉菊川(静岡)

横浜(南神奈川)-大阪桐蔭(北大阪)

 

« 甲子園13日目! | トップページ | 七七日忌の法要 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甲子園14日目!:

« 甲子園13日目! | トップページ | 七七日忌の法要 »