« タイヤ選択の新基準 | トップページ | 残り1/3ですね。 »

2011年8月31日 (水)

nyar-nyarさんの疑問?

テレビでタイヤの表面を削りまた貼り付けているCMをご覧になった方も大勢いらっしゃることと思います。

あれは「リトレッドタイヤ」簡単に言いますと「再生タイヤ」のCMです。

あのメーカーさんのタイヤが全てそうかというと、そうではなくて大型トラックとバスのタイヤだけです。もちろん新品のタイヤも作っていますし、乗用車用のタイヤはすべて新品です。

トラック・バス用の新品タイヤの1本あたりの製造に必要な石油を100%とすると、リトレッドタイヤはわずか32%しか必要としないそうです。限りある石油資源をリサイクルし、節約することにも役立っているそうです。また、製造過程や廃棄段階でもCO2の排出を約41%も削減できるそうです。(新品タイヤ製造→廃棄・新品タイヤ製造→廃棄と新品タイヤ製造→リトレッドタイヤ製造→廃棄の比較)

環境問題とか資源の有効活用とかでリトレッドタイヤの時代が来るかもしれませんね。

それから、タイヤ購入の時に注意をすることを参考までに。

それは車にあったタイヤを選ぶということと製造年月日です。

タイヤは溝があっても、長い年月が経ちますとサイドにひび割れが発生したり、弾力が無くなったりしますので、製造年月日を確認の上お買い求めくださいませ。

製造年月日の確認は、タイヤのサイドにアルファベットに続く下4桁の数字がそうです。下4桁の数字は国内メーカーさん共通です。

たとえば「yyy2207」は「2007年22週目」、「B3908」は「2008年39週目」、「X4309」は「2009年43週目」となります。最初のアルファベットはメーカーさんの記号です。

「X1011」は「2011年の10週目」ですから「2011年の2月の終わりから3月の初め」にかけて製造されたタイヤになります。

これからタイヤを購入される計画のある方の参考になれば幸いですとともに、1度愛車のタイヤの製造年月日を確認してみるのも良いことだと思います。

溝があっても、製造年月日の古いタイヤは危険ですよ。

尚、似たような数字が刻印されていますので気を付けて確認ください。最後がアルファベットの数字列は違います。

« タイヤ選択の新基準 | トップページ | 残り1/3ですね。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ひろさん ((ヾ(*ゝ∀・*)ノ☆゜+.⊇ωレニちゎ゜+.☆
タイヤをお求めの時はぜひ製造年月日を確認の上お求めくださいね。
説明を受けたときに聞けば教えてくれるはずです。
中には、売りたいがための説明しかしない販売員も多々いることと思いますので・・・

投稿: kazu | 2011年9月 1日 (木) 11:50

こんにちわ(*^-^)
タイヤの交換の際に、とても参考になる情報を有難うございます。
広島の長男もこの夏、帰京の時にタイヤを交換してきました。
やはり走りが快適でとても良かったという事です。
安全のためにも、交換必要ですね~!

投稿: ひろ | 2011年9月 1日 (木) 10:46

nyar―nyarさん (*′σ∀`)p[☆。・:+*こんばんゎ*:+:・゜☆]
うまくご説明できたかどうか心配でしたがよかったです(*^。^*)
ただ実際に環境に優しいから、価格が安いからという理由だけでは使用できないと思います。
やはり安全性が問題になりますからね。
貼り付けた部分が剥がれたでは命に関わりますので・・・

投稿: kazu | 2011年8月31日 (水) 20:24

kazuさん
わざわざ解説していただいて有難う御座います。
そう言う事なんですね!
石油の消費量もCO²排出量も違ってきて、
エコなタイヤと言う訳
なあるほど、メーカーさんが力を入れてCMしているはずですね。
よく分かりました

投稿: nyar-nyar | 2011年8月31日 (水) 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: nyar-nyarさんの疑問?:

« タイヤ選択の新基準 | トップページ | 残り1/3ですね。 »