« 最悪のスタート | トップページ | 原発のその後 »

2011年9月 4日 (日)

台風過ぎて

長く居座った台風がやっと日本を抜けてくれましたね。

そこで、五七五(一句?)を並べてみました。

Photo_2 「台風の 置き土産かな ゲリラ雨」

「ゆっくりと 雨台風が 通り過ぎ」

「台風が 残せし爪の 傷跡よ」

「台風が 雨風連れて 横断す」

「静かなり 台風一過の 夜空かな」

ゆっくり長く滞在したので全国で多くの方が被害にあわれてしまいましたが、特に大雨による増水による被害が大変ですね。

今年は災害の当たり年などと言った方がいましたが、その通りですね。

火山の噴火、地震、津波、原発、台風・・・本当にいい加減にしてほしいですね。東日本大震災の復旧すら目途が立っていないのに、これで冬に大雪にでもなったらと思うと・・

« 最悪のスタート | トップページ | 原発のその後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ねぇさん (*'σ∀`)p[☆。・:+*こんばんゎ*:+:・゜☆]
大地の恵みはありがたいですが、自然が怒ると怖いですね。想定外という言葉をこの先聞くことがありませんように。

投稿: kazu | 2011年9月 9日 (金) 21:21

今回の12号は大変な置き土産を各地に残していきましたね
震災に続き台風・・・・・自然は優しさと恐ろしさと両極端ですね

投稿: のらねぃさん | 2011年9月 9日 (金) 18:00

ババ様 (p≧w≦q)オッ☆ o(≧▽≦)o ハァァァァァァ♪
地球が怒っている…そうかもしれませんね。
自然破壊をたくさんしてきていますものね・・
想定外がこれ以上起きませんように・・・

投稿: kazu | 2011年9月 6日 (火) 08:52

Shionさん (p≧w≦q)オッ☆ o(≧▽≦)o ハァァァァァァ♪
想定外がこれ以上起きないことを祈ります。
被害にあわれた方が早く立ち直れるように、国や県の支援がすばやく行われますように。

投稿: kazu | 2011年9月 6日 (火) 08:50

なおさん (p≧w≦q)オッ☆ o(≧▽≦)o ハァァァァァァ♪
なるほど勉強になりました<(_ _)>
また、お気づきの点がありましたら教えてくださいね。
無い知恵を絞りだして考えてる時間がとっても好きですが、なかなか出てきません┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
好きですが難しいものです。

投稿: kazu | 2011年9月 6日 (火) 08:47

きっと地球が怒っているのです

投稿: やっこババ | 2011年9月 6日 (火) 08:29

本当、今年は色んな事が起きてますね。
台風も大きな被害にびっくりしてます。
今年の残りは、無事に過ごしたいものです。
 

投稿: shion | 2011年9月 6日 (火) 05:55

kazuさん
いつもながら素晴らしい俳句ですね。
私も「静かなり 台風一過の 夜空かな」
が好きです。

職業病(職業でもないのですが)
余計なひと言を
「台風が 残せし爪の 傷跡よ」
せしも現代は使うのですが
残ししだと思います。
先生によっては添削されますので人( ̄ω ̄;)

投稿: なお | 2011年9月 5日 (月) 21:59

MITIさん (p≧w≦q)オッ☆ o(≧▽≦)o ハァァァァァァ♪
台風など長居してほしくないですね。
各地に大変な被害を与えていきましたが、次から次へと災難がやってきますね。
残り1/3早く過ぎてほしいと思います。

投稿: kazu | 2011年9月 5日 (月) 06:43

水色の風さん (p≧w≦q)オッ☆ o(≧▽≦)o ハァァァァァァ♪
五七五の文字をお並べただけで俳句とは言い難いものばかりですが、17文字を考える時間が好きです。

投稿: kazu | 2011年9月 5日 (月) 06:38

こんばんは

大変な台風でしたが、まだ、雨です。
被害がどんどん増えていて、抜け切れていない
気がします。
困った台風ですね。もう、災害は嫌です。

「台風が 残せし爪の 傷跡よ」ですね。

俳句は感心して読ませて頂きました。
素晴らしいです。

投稿: MITI | 2011年9月 4日 (日) 23:46

こんばんは。
俳句も短歌も文字にいろんな想いが凝縮されていていいですよね~
初心者でわからないので少しお勉強していきたいと思ってます。
私は 「台風が 雨風連れて 横断す」と
「静かなり 台風一過の 夜空かな」が好きです。

投稿: 水色の風 | 2011年9月 4日 (日) 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風過ぎて:

« 最悪のスタート | トップページ | 原発のその後 »