« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

プランターの南瓜

2012_0630_093333cimg2723前に記事にしました南瓜がプランターの中でごろんとしています*^-^*) ニッコリ☆
本当は胡瓜が生るはずでしたが、奥様のちょっとした手違いで南瓜が出来上がってしまいました(*^。^*)
どこまで大きくなるのか不明ですが、プランターは狭いので大きく成りませんかねぇ~~

明日はもう7月ですね。今年も半分が終わってしまいました。
何もしないで終わってしまったような気がして、とてももったいない気持ちでいっぱいです。
明日からの後半戦は悔いの残らぬように過ごそうと思っています。

| コメント (8) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

タスクバーのジャンプリスト

16タスクバーのアイコンを右クリックするとあらわれる「ジャンプリスト」はWindows7の便利な機能のひとつです。まだ利用していない方がいましたので復習を兼ねてアップしました。
「ジャンプリスト」には、そのソフトで過去に開いたファイルやWebページなどのリストが表示されます。

例えば、Wordで最近作成した文書を修正したい場合、Wordのアイコンを右クリックして表示されるリストからファイル名をクリックするだけ。クリック2回でファイルが開けてとっても便利(*^。^*)

複数のウィンドウを開いているときに、それらをまとめて閉じる機能もちょっと便利です。

ジャンプリストの履歴は使っているうちに入れ替わりますので、よく使う文書はジャンプリストに常時表示して置くようにしましょう。操作は簡単で、ジャンプリストの項目名にマウスポインタを合わせると右側にピンのアイコンが表示されますのでクリックしましょう。これでその項目名はジャンプリストの「いつも表示」という最上部に表示されるようになります。

リストに加えるするには、ファイルをタスクバーのアイコンへドラッグするだけ。
よく開くWebページなども、お気に入りから探すより早いですよ。

そして何よりも、じぃが気に入っているのはデスクトップがアイコンでいっぱいということが無くなります。

ジャンプリストを上手に使いこなして作業効率をアップしてくださいね。
じぃのタスクバーです。デスクトップにアイコンは5つしかありません。

17

| コメント (6) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

おっ!と危ない

20120622150641この写真は、いつも散歩に利用している遊歩道ですが、大きめの煉瓦が敷かれていて素敵な感じを出していますが、最近よくΣ(゚д゚lll)アブナッ !「あっ!危ない」という状況になります。
埋め込まれてある煉瓦が、浮いていたり、斜に潜ってしまったりで、よく見ると凸凹になっている部分がいくつもあります。

20120622150600自分で思っている以上に足は上がっていないのでしょう(^^ゞ(^^ゞいやだいやだ(*^。^*)
少し前までは(/ω\)ハズカシーィこんなことはなかったのに。
また、学習をしないものだから同じ場所で何回も同じ目にあっています(^^ゞ(^^ゞ困ったものですね(*^。^*)そのうち転ぶのではないかと・・


| コメント (6) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

Windows7のタスクバー

今さらですが、Windows7をお使いの多くの方はタスクバーによく使うアイコンをセットしていることと思いますが、複数のウィンドウやタブを開いているソフトのアイコンにマウスポインタを合わせるとプレビューが表示されますね。
表示されたウィンドウのいずれかにマウスポインタを合わせるとほかのウィンドウは透明になります。とっても便利な機能でじぃも使っています。

PhotoこれはWordの3つのファイルを表示した場面です。

Wordのファイルを開いているときに、さらにWordの新規ファイルを開きたい時皆さんはどうしていますか?

クイックアクセスツールバーの中の「新規作成」ボタンをクリックしていますか?それでもいいのですが、じぃはこんな方法で新しいファイルを開いています。

マウスの中ボタン(ホイールボタン)でタスクバーのWordのアイコンをクリックします。

その他には「Shiftキーを押しながらタスクバーのWordのアイコンをクリック」しても新しいファイルが開きます。

また、「Ctrl」+クリックで開いているウィンドウを順番に切り替えてくれます。

お試しくださいませ<(_ _)>

追加です。Photo_2
この状態で、マウスのホイールボタンでアイコンをクリックすると、ホームページに指定しているページが開きます。

尚、マウスの機能によっては、操作不可能な場合もあります。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

加齢黄斑変性症その4

Photo今回の左目の出血は、小さな点でしたので少ない出血で、注射もしたしでホッとしていましたが、その後別の場所から出血し前回と同じように一瞬で見えなくなってしまいました。5月28日のことでした。

慌てて病院へ行きましたが、今は手の施しようがないということで6月12日に再来院ということになりました。前回よりも出血が多いので心配でしたが体内吸収するかもしれないし・・・ということでした。

6月12日の検診では、「手術をしようか」といわれ、悩んでいますと(突然手術といわれれば悩みますよね)「どうするの」と催促されましたので、その方向で進むことになりました。

7月3日に手術をしてくれる先生の診察を受けることになりましたが、最近体内吸収が進んできてぼんやりと見える部分ができてきました。7月3日までにもっと体内吸収が進むことを祈っています。

できれば手術したくありません。

| コメント (8) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

夏至

2
早いもので今年も梅雨真っ只中の今日この頃typhoonrainスカッと晴れが欲しいですね。
今日は1年で昼が最も長い夏至です。いよいよ暑い暑い夏がやってきますsweat01sweat01sunじぃの苦手な夏ですよぉ~ 今年も節電ですしね(^^ゞ あまり暑いと\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?になってしまいそう(*^。^*)

プロ野球も交流戦が終わり、いよいよ後半戦が始まります。我がツバメ軍団は書率5割で3位。首位までまだまだあきらめる差ではないので頑張ってほしいですね。幸い、後半戦は相性の良い(前半戦は)首位のうさぎさんチームとの試合からですので、何とか叩いて波に乗りたいですね(*^。^*)

| コメント (8) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

本屋大賞受賞作品

「舟を編む」
2012_0617_134642cimg2720三浦しをんさんのこの作品は2012年の本屋大賞を受賞しました。本屋大賞とは、本の販売に携わっている方たちが選んだ本です。

内容は、辞書編纂に関わった方たちの苦悩と情熱をとてもわかり易く綴った感動的な内容でした。

主な登場人物は、主役の辞書編集部・主任 馬締(まじめ)さん、元辞書編集部員・荒木さん、監修の松本先生、広告宣伝部・西岡さん、辞書編集部・佐々木さん、岸辺さん、馬締さんの奥様・香具矢さん、大家さんの、たけおばあちゃんです。

2012_0617_134730cimg2721この「大渡海」という名をつけられた辞書は完成までに15年の歳月を要し、やっとの思いで出来上がった辞書です。先日本屋さんへ立ち寄った時に販売しているわけがないのに、探してしまいました。(*^。^*)

辞書・・言葉の海を渡る舟 編む・・作る。舟を編むということは辞書を作るという意味のようです。
読み始めてこれは時間というより、日数がかかると思いました。なぜかといいますと、読み始めてすぐに辞書が必要になり、我が家にある三省堂と小学館の2冊の辞書を手元に置きながらの読書となりました。
最初は「いぬ」という言葉についてでした。「いぬ」といわれて多くの方は動物の「犬」を思い浮かべることでしょう。しかし、「いぬ」という言葉を辞書で調べた方ってどれくらいいるでしょうか?
「いぬ」という読みで辞書を引くとなんと多くの「いぬ」があることかビックリします。「敵方のスパイ」「無駄」「狗」「居ぬ」まだまだ載っています。我が家の2冊の辞書を引いてみましたが、片方の辞書のほうがスペースを沢山取っていました。普段何気なく使っている言葉にも、同じ読みで違う言葉がなんと沢山あることか、改めて言葉ってすごいと思いました。

次が、「馬締」さんの名前の由来ですが、「昔、旅人に馬の世話をする元締め」のことですが、私が持っている辞書の片方には載っていませんでした。

その他、「右」「左」「島」「愛」…沢山の言葉を引きながら読みましたので改めて通しで読み直したいと思っています。

限られたスペースに載せる言葉を選ぶ他の辞書にはない言葉はどうする、死語はすべて載せないでいいのか、語釈はわかり易いか…等々辞書を作るのがこんなに大変なものとは思ってもみませんでした。

調べものがあるときにしか手にしない辞書ですが、長い年月を生きてきて、辞書を手にしたのはこの本を読んでいる時が一番多いのではと思うくらいページを捲りました。
紙も薄くて滑り気があり、裏写りしない辞書専用の紙を使うそうです。そうしないと辞書が重くなり使い勝手が悪くなるそうです。なるほどと思いました。

引きやすいように、辞書には小口(ページを開く部分)の、各行ごとに黒い印がついていますね。これを見るとすぐわかると思いますが、日本語は、単語の頭にくる音が「あ行」「か行」「さ行」であることがとても多く、この3行で辞書のスペースの約半分を占めています。今さらですが言葉はまんべんなく散らばっているのではないということですね。
しりとりに勝ちたければ、単語の末尾が「あ」「か」「さ」の行の言葉で終わらない言葉を言うと勝つ確率は非常に高くなるそうですが、これがなかなか出てこないのでしょうね(*^。^*)
今度、あき君としりとりするときに気をつけてみようかなぁ~(大人げないですね(*^。^*))

大渡海」の装幀のデザインは、箱も、本体の表紙とカバーも、夜の海のような濃い藍色。帯は月光2012_0617_134534cimg2717_2のごとく淡いクリーム色。
表紙をめくると現れる見返しの紙も、同じクリーム色。本体の天地に付けらえる、飾りとなる花布は、夜空に輝く月その物の銀色をしている。「大渡海」という文字も銀色で、藍色をバックに堂々たる書体で浮かび上がっている。背の部分には、古代の帆船の様な形状の舟が描かれ、今まさに荒波を越えて行こうとしている。本体の表紙と裏表紙には、三日月と舟のマークがそれぞれ控えめに刻印されている。

このデザインがそっくり「舟を編む」というこの本に生かされているのが感激でした。

完成間近で松本先生が他界した場面での馬締さんの無念さ、辞書が完成した時と祝賀パーティでの出来事が涙を誘いました。

久しぶりに感動した本でしたので長々と書いてしまいました。ぜひ読んでほしい本ですね…目が悪くならないうちに。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

???の信号??

東川口のメイン道路のひとつである「けやき通り」にある信号です。武蔵野線のガードの側にあるのですが、北へ向かって走りガードをくぐり信号を見ると???と下を向きすぎていて色がわからない。20120614134906

この写真も撮影に失敗。手前ではなく中央に映っている信号機です。側まで行かないと色が見えません。

この近辺にはもう一つおかしな信号機があるのですが、こちらは坂を昇り切ったところに信号があるのですが、そこはT字路なんですよ。しかも車2台がやっと通れる狭い道なのに信号機が3つもあります???2012_0615_225354cimg2716おかしな絵でごめんなさい<(_ _)>





| コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

加齢黄斑変性症その3

出社しようと、姿見の前で少ない髪の毛をブラシで整えていたところ、一瞬で左目が見えなくなりました。
右目を閉じるとグレー一色で何も見えません!!(゚ロ゚屮)屮パニックになりました。何もなかった左目が本当にアッという間に視力[0]になりました。

今までは、徐々に出血が広がっていきましたが、このときは一瞬の出来事でした。しかも黒でなくグレーの濃い色と薄い色が動いていました。これで左目は見えなくなると思いました。

この時初めて目に注射(ルセンティス)をしましたが、医師から副作用があるかもしれないとか、治るかどうかも打ってみないと…等々の説明があったので、かなり長い時間を費やした末に治療をお願いしました。それから毎月1回の注射を3カ月、目に打ちました。

お陰様で、出血も止まり、体内吸収もうまく進んで何とか見えるようになりましたが、半年近くかかったような記憶があります。その間お店の方が交代で送り迎えをして暮れました。嬉しかったですね*^-^*) ニッコリ☆

幸いなことに、その間右目が最悪となるような異常を起こさずに頑張ってくれたこともよかったです(*^。^*)

それなのにそれなのに、今回またもや左目に出血が・・・

| コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

我が家の野菜

今年の我が家の野菜です(*^。^*)すべて奥様の手がかかっております。了└|力”├_〆(・・ )♪ <(_ _)>美味しくいただいたものには「さやえんどう」「胡瓜」「そら豆」等々、これから頂けるものとしては「茄子」「ミニトマト」「ジャガイモ」「玉ねぎ」「南瓜」などなどあり楽しみです。
南瓜は曰くがあります。2012_0611_092741cimg2708

南瓜に胡瓜が接ぎ木されたものを植えたのですが、誤って胡瓜の方を切ってしまったらしく南瓜の花が咲いています。奥様曰く「弦が上に伸びないで変だなぁ~??」と思っていたそうです*^-^*) ニッコリ☆

2012_0611_092757cimg2709

2012_0407_124544cimg2655

2012_0612_100321cimg2714

2012_0612_100152cimg2712

 

| コメント (6) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

ツバメの逆襲はじまるか!

5月の初めに加齢黄斑変性症が再発し、眼底出血を起こしたころから、快調に上空を飛んでいたツバメ軍団の勢いがなくなり、現在トップまで6.5ゲームも離されてしまいました(゜-Å) ホロリ

10連敗があったりして交流戦は下から数えた方が早いとか、とにかく5月と6月のここまでは自分も燕さんも最悪の状態です(゜-Å) ホロリ。
梅雨に入りぐずついた日が多いですが、紫陽花も綺麗に咲き始めましたので、この辺で急上昇といきたいですね。20120613133957







「燕尾服 雨天切り裂き 急上昇」Photo

| コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

加齢黄斑変性症その2

しばらく小康状態だった右目に異変が起こりました。

黒いごみのような点々が大きな塊となって表れたのです。2012_0526_115528cimg2702

こんな感じですね。

眼科医から総合病院そしてお茶の水の日大病院を紹介されて治療を受けました。

治療はレーザー光線を使って止血。流れ出た血は自然治癒を待つしかないとのことでした。この時の病名は「脈絡膜欠落症」という病名だった記憶があります。加齢黄斑変性症とは言われませんでした。

右目はその後何回もこの症状に悩まされましたが、幸いなことに中心点をうまく外れて流れたため、視力に影響を与えた期間は短くて済みましたし、視力の低下もほとんどありませんでした。現在もいつ再発するかもしれない不安はありますが、落ち着いています。

そのうちには、左目があるから最悪片目になっても、などと不埒な考えを持ったのがいけなかったのでしょう。3年前に何もなかった左目に異変が・・・・


| コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

wordの行間隔について

Word


Word
でタイトル文字などを大きくしたときに、行間が予想以上に広がったとか、文字を拡大したらやはり行間が広がって見栄えが悪くなった。

こんな感じですね。

Wordでタイトル文字などを大きくしたときに、

行間が予想以上に広がったとか、

文字を拡大したらやはり行間が広がって

見栄えが悪くなった。

それを、こんな感じにしたらいかがでしょうか。

Wordでタイトル文字などを大きくしたときに、行間が予想以上に広がったとか、文字を拡大したらやはり行間が広がって見栄えが悪くなった。

この行間が広がってしまう原因は、Wordの機能のうちの「グリッド線」にあります。
 
グリッド線とは、Wordの文書上に引かれている罫線ですが、通常は表示されません。
 
表示するには「表示」タブの「表示」グループにある「グリッド線」に☑を付けます。

 

入力した文字は、レポート用紙に印刷されている罫線に沿って文字を書くように入力されていきます。

 

文書内の行間隔はすべてグリッド線間隔の整数倍になります。
 
文字サイズを小さくしても、行間隔は変わりませんし、逆に文字サイズを大きくしてグリッド線1行分に納まらないと、2行分3行分の行間隔がとられてしまいます。赤いフォントで表示したようになります。このように行間隔は必ず整数倍の行間隔になります。
 
それを、青いフォントで記入したように表示できればいかがでしょうか。見栄えもいいし、用紙も無駄な空間がなく読みやすいと思いませんか。

 

では、どうすればよいかといいますと「グリッド線」の機能を一時的に無効にしてあげればいいのです。

 

以下その方法です。

 

1.「Ctrl」キーを押しながら「A」キーを押して全体を選択します。

 

2.「ホーム」タブの「段落」グループから「行と段落の間隔」ボタンをクリックし、ドロップダウンメニューから「行間のオプション」を選択します。

 

3.「段落」ダイアログボックスが表示されますので、「インデントと行間隔」タブをクリックし、「1ページの行数を指定時に文字をグリッド線に合わせる」の☑をオフにします。チェックを外してください□にします。

 

4.「行間」欄で「倍数」を選択し、「間隔」欄に少数で希望の数字を入力します。

 

5.[OK」をクリックします。

 

行間の倍数は文字の高さである「1.0」が基準ですが、グリッド線の機能をなくすことで1.3でも1.5でも行間隔を設定することができます。

 

尚、グリッド線の間隔は、1ページ当たりの行数によって決められているということと、印刷はされません。

 

 

 

 

| コメント (8) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

脱け殻

お店の駐車場でこんなものを発見した人がいます。
蛇の脱け殻です。
大きく成長して、ひと皮むけて大物になったのでしょうか!

ひと皮むけたのがわかっていいですね。

人も大きくなる時にひと皮むけたのが目で見てわかるといいですね*^-^*) ニッコリ☆

ひと皮むけるのが嫌な人が多くて困ったものです。2012_0523_201557cimg26932012_0523_201609cimg2694


「脱け殻や 成長示す 忘れ物」

「ひと皮や 剥けたの分る 羨まし」


| コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

加齢黄斑変性症その1

初めて目に異常を感じたのは右目でした。
目の中にゴミのような小さな黒い点が動いていました。
擦っても取れずうっとうしい思いでいましたが、ある日ふと気が付くとまっすぐに見えなければいけないものが歪んで見えるようになりました。電線、駐車場のライン、道路のセンターラインなどなどです。2012_0526_115435cimg2699



もちろん右目だけで見たときですで、両目で見ている分には何も変わりません。普通に見えるのです。

この黒い点は、飛蚊症(ひぶんしょう)という症状で、白い壁や青空などを見つめたときに見えます。この飛蚊症には、そのままにしておいてもいいものと、別の病気の前触れとがあるようですので、早めに治療を受けられた方がいいと思います。

やはり心配になりまして眼科で調べて頂きましたが「歳を取ると仕方がない」ということでしたのでそのままに。

これが平成の初めの頃のことで、その後しばらく小康状態が続きます。

続く!

| コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

もうすぐ梅雨入り☂

うっとうしい梅雨がいよいよですね。rain
今年はどんな梅雨になりますやら・・降らねば困る人もあり、降りすぎるとまた災害の恐れもありで、ほどほどの雨量で済めばいいですね。

Photo目が悪くなる前に撮った紫陽花の花。今はもう少し大きくなっていることでしょう。

「まん丸く 大きくなると 梅雨になり」

「立ち止まり 見とれるときは 傘を差し」

綺麗に咲くころが梅雨なのか、梅雨だから綺麗に咲くのか・・わかりませんが、いずれにしろこの時期に一番似合う花ですね。


20120601135113_2


20120601135113


| コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

加齢黄斑変性症

みなさま (*′σ∀`)p[☆。・:+*こんばんゎ*:+:・゚☆]
ご心配をいただき有り難うございました<(_ _)>
左目も少し落ち着いてきましたので、不安はありますが職場にも戻ったので、ぼちぼち仲間に戻ろうかなぁ~なんて思っています。

目の中の黒い塊も少しづつ欠けてはきつつありますが、まだまだ視力[0]の状態には変わりありません。フルパワーには程遠いので、毎日少しずつお邪魔をさせて頂こうと思っております。

じぃが患っているこの目の病気のことは前にも記事にしましたが、もう一度アップしますので参考にしてくださいね。

加齢黄班変性症とは、脈絡膜から異常な血管(脈絡膜新生血管)が生えてくることによって起こる滲出型タイプと老廃物が蓄積して栄養不足になり、その結果網膜の細胞が徐々に萎縮していく萎縮型があります。

私の場合は前のほうの滲出型です。

新生血管は破れやすいため、出血したり、血液中の成分が漏れ出して、黄班が腫れ、ものを見る細胞の機能が障害されます。

症状の進行が早く、急激に視力が低下していきます。

ものがゆがんで見えたり、見たい部分が黒くなって見えます。

前の記事で症状の写真を載せてありますので、参考にしてください。

失明してしまう方もかなりいると聞きおよびます。特に男性が圧倒的に多く、また喫煙だけが原因ではないそうですが、大多数の患者さんが喫煙者だそうです。

ご主人や彼氏がたばこを吸っていましたら、ぜひとも禁煙をするようにお話をしてくださいね。実際に視力が失われてからでは遅いです。

今日はどなたが更新をしているかなぁ~~*^-^*) ニッコリ☆

| コメント (14) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »