« もうすぐ梅雨入り☂ | トップページ | 脱け殻 »

2012年6月 9日 (土)

加齢黄斑変性症その1

初めて目に異常を感じたのは右目でした。
目の中にゴミのような小さな黒い点が動いていました。
擦っても取れずうっとうしい思いでいましたが、ある日ふと気が付くとまっすぐに見えなければいけないものが歪んで見えるようになりました。電線、駐車場のライン、道路のセンターラインなどなどです。2012_0526_115435cimg2699



もちろん右目だけで見たときですで、両目で見ている分には何も変わりません。普通に見えるのです。

この黒い点は、飛蚊症(ひぶんしょう)という症状で、白い壁や青空などを見つめたときに見えます。この飛蚊症には、そのままにしておいてもいいものと、別の病気の前触れとがあるようですので、早めに治療を受けられた方がいいと思います。

やはり心配になりまして眼科で調べて頂きましたが「歳を取ると仕方がない」ということでしたのでそのままに。

これが平成の初めの頃のことで、その後しばらく小康状態が続きます。

続く!

« もうすぐ梅雨入り☂ | トップページ | 脱け殻 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

nyar―nyarさん (*'σ∀`)p[☆。・:+*こんばんゎ*:+:・゚☆]
続きで書きますが、じぃの場合は飛んでくのがだんだん大きくなってきて、そのうち固まりになりました。
定期的な検査は不可欠だと思います。
明日は日大で検査です。

投稿: kazu | 2012年6月11日 (月) 22:45

こんばんは、
私もだいぶ前から飛蚊症です、
は加齢によるもので心配ないと!
一月おきに眼科へは行っています(ドライアイのため)が、今のところ他の症状は出ていませんが、の度が合わなくなり、
新調しました。

投稿: nyar-nyar | 2012年6月11日 (月) 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加齢黄斑変性症その1:

« もうすぐ梅雨入り☂ | トップページ | 脱け殻 »