« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

東京見物

2013_0531_103731cimg3313よくよく考えてみると、東京の中でも行ったことの無いスポットが沢山あるものですね。今さらと思う方(多分みなさん)が大勢いらっしゃると思うますが、東京見物に行ってきました。川口駅をバスで出発。東京駅や皇居、二重橋などを眺めながら東京タワー、お台場、帝釈天、浅草・・・東京タワーと浅草は 行ったことがありますが、お台場と柴又の帝釈天は行ったことがありません。(^^ゞ(^^ゞ

2013_0531_100834cimg3310昭和33年に完成した東京タワー、今年で55年になります。何十年前になるのだろうか?この展望台に上ったのは・・・混雑していてゆっくり展望台から遠くを眺めるなどできなかった思い出がよみがえりました。今日は空いていましたねぇ~\(◎o◎)/!です。やはりスカイツリーができたからでしょうね。懐かしさと、ちょっと寂しい気持ちと複雑な思いで360度ゆっくり眺めてきました。蝋人形館へ入ったとき、受付にいる人に入場券を提示したら、それが蝋人形だったという驚きを思い出しながら次の見学場所のお台場へbusGO~(*^。^*)

| コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水)

梅雨入り

Photo梅雨入り。平年より10日も早い梅雨入りだそうです。この時期は湿気が多くじめじめして過ごしにくいですね。カビも発生しやすいので「黴雨(ばいう)]と呼ばれることもあるそうです。

体調を崩し易い時季ですので、十分注意して乗り切りましょう。雨が似合う紫陽花はまだ咲きませんが、今年も大きなまん丸い花を咲かせてくれることでしょう。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月25日 (土)

運動会

2013_0525_104123cimg3296今日は、陽大君の運動会。「じぃ、来ますか?」「はい、行きます(*^。^*)」

最初の登場種目は50m走。なんと、見事1等賞*^-^*) ニッコリ☆ ゴール前でカメラを構えていましたが、眼の悪いじぃには画面に収めることができませんでした。(ノ∀`) アチャー

「見てた?1等だったでしょう(^_-)-☆」「早すぎて写真撮れなかったよ。今度は、もう少しゆっくり走って(*^。^*)」「それはだめです。だって、1等じゃないと、お昼なしってゆうんだもん。」「じゃ~、ゆっくり走って1等とってよ」「むりむり・・相手にもいっておいてくれないと」などと楽しい会話ができました。

2度目の種目は、エグザイル風のダンスでしたが、かっこよくそして可愛く踊れていましたよ。しかし、みんなよく覚えるものですね*^-^*) ニッコリ☆

| コメント (12) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木)

苦情

昨年の8月に眼の硝子体削除の手術と同時に白内障の手術も行いました。「半年から1年経ったら、眼の状態も安定しますのでメガネは作り変えてください。」とのことでした。外出のついでに今のメガネをお願いした眼鏡屋さん(多分、大手チェーン店)に立ち寄り、そのことを告げたところ、「詳しい方が来て23日~25日の間、視力相談会を行うので予定はいかがですか?」とのことでした。

「23日から25日は予定がありませんので、お店の都合でいいです。」ということで23日の13時30分に決めて帰宅。その後、確認のはがきや、前日には]゛7(∀゜*)ピッポッパッまで来ました。(少し、諄いです)

それなのに、当日予約時間を10分以上すぎても、「もう少しお待ち下さい」とのこと。「あとどれくらい待てばいいですか?」「そうですねぇ~15分くらいですかね」ですって(o ><)oもぉぉぉ~っ!!「それでは30分以上待つことになりますが…」「すいません」ということで、お話無しで帰ってきました。

その時、検査をしている方が2人で、手持無沙汰の店員さん(らしき方)が、4人もいました。約束をした時間を守れないお店はだめですね。結局使っているメガネを2つ掃除してもらっただけ・・・

| コメント (8) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火)

初夏の1日

風薫る 青葉若葉の 息吹きかな

薫風や 庭から部屋に 薫りつれ

112今日は、秋に蒔いた麦などの穂がつく頃で、農家の方々が、ホッと一安心するという意味の小満ですね。穂が付くと、順調に育っているとちょっと満足で小満というらしいです(*^。^*)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

選挙

本日は、市長選挙です。

仕事を辞めてから、体を動かすことが無く運動不足の毎日でストレスがいっぱい。そんなことですので、歩いて投票に。現職と新人の方の一騎打ちですが、さてどちらに投票しようかという考えもなくただ歩きたいというだけで投票所へ!

遊歩道を抜けて公園の端から端をぐるりと回って、反対の遊歩道を通って会場の中学校へ到着。野球部が練習をしていたので、投票はさっさと済ませ練習の見学。大きな声でボールを追いかける姿を見ていて時間を忘れるところでした。(^^ゞ(^^ゞ

当選した方は、子供たちが安心してスポーツができる社会を、地域を作ってほしいですね。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月16日 (木)

奥能登の旅 最終日の最後です

最後の見学場所は、菅沼合掌造り集落です。山間に佇む日本の風景です。

114国指定史跡 重要伝統的建造物群保存地区で世界遺産に登録されています。険しい山々に囲まれた谷間でひそやかに、ゆっくりと、っと気を重ねて暮らしを営んできた五箇山・菅沼合掌部落。言葉ではうまく言い表せませんので写真をご覧ください(*^。^*)

120118113

112121122

今回の旅はこれで終わりです。初めての北陸地方とってもよかったです。お酒も美味しかったです*^-^*) ニッコリ☆

| コメント (8) | トラックバック (0)

奥能登の旅 最終日2

106千里浜なぎさドライブウェイ・・・今回の旅の中でも期待の場所でした。粒子の細かい砂が作る距離8kmの天然のドライブウェイ。雨が降ると通行止めになるため心配しましたが、無事に体験できました。波が打ち寄せる海岸沿いを走るなんて、\(◎o◎)/!です。

海鳥も一緒に走ってました(^^ゞ飛んできました。砂を使った作品がたくさん展示してありました。ねっとりした砂ですので、粘土細工のように扱えるのではないでしょうか。

 

108_2103_2107_2

104_2102_2105

| コメント (4) | トラックバック (0)

奥能登の旅 最終日

楽しかった旅も今日が最終日。

092では出発busと思いきや、なんと2日目の最後に見学した軍艦島を忘れてしまいましたので、先にご案内を(^^ゞ 見附島、通称『軍艦島』と呼ばれるこの島は写真を見ていただくと分かる通り、軍艦のような形をしています。弘法大師が佐渡から能登へ布教に向かう折りに、最初に目についたといわれているそうです。

100では、本当に最終日スタートです。最初の目的地は、日本海の荒波が生んだ貫通洞門「能登金剛巌門」です。日本海の荒波が断崖を侵食し、豪快な景観を見せる能登金剛。そのシンボルが岸壁のトンネル「巌門」です。遊覧船に乗りましたが雨のため外に出て写真が撮れなかったのがちょっぴり残念でした。

098096101

鷹の巣岩・不動の滝・遊覧船からみた巌門ですが、日本最古の和式灯台や能登金剛のいろいろな奇岩をもっとゆっくり見たかったですが、それでも能登半島一といわれる景勝地を楽しませていただきました。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月15日 (水)

奥能登の旅2日目最後です

2日目残り2か所・・6剛崎灯台と珠洲岬(^^ゞちょっとくたびれました(^^ゞ(^^ゞ

076禄剛崎灯台・・能登半島の先端、断崖の上に建つ白亜の灯台。快晴の日には立山連峰や佐渡ヶ島を見ることもできるそうですが、残念ながら曇り空(~_~;)(^^ゞ

灯台が設置される前は狼煙(のろし)で船舶に合図をしていたそうで、狼煙灯台とも呼ばれていました。現在の珠洲という地名は「進み」(古訓で、狼煙のこと)にちなむといわれるほどで、狼煙町、狼煙港、狼煙海岸などの地名として残っています。また、外浦と中浦の接点にあたる場所で海から昇る朝日と海に沈む夕日が同じということでも有名らしいです。頂上までの道がなんと急坂…約10分これは効きましたねぇ~~(^^ゞ(^^ゞ(^^ゞでした。

081080074

頂上には、こんな珍しい印がありました。三角点と言って、山の頂上や見晴らしの良い場所に設置され、軽度、緯度が正確に求められています。地図の作製はもちろん079の事、道路の建設、歳の開発などの公共事業を行う際になくてはならないものですね。

086海岸沿いを走りながら本日最後の見学地珠洲岬の空中展望台へ!ランプの宿でも有名ですね。高所恐怖症のため展望台へは登れずに(^^ゞ写真だけ。

085075084


あと1日、お付き合いを*^-^*) ニッコリ☆

| コメント (4) | トラックバック (0)

奥能登の旅2日目さらに続く

049平一族の実質の上の統領であった清盛の義弟・大納言時忠は源平の合戦で平家が滅亡した際、特別の計らいを持って能登に配流となり、この地で没した。その子時国は、近隣の村々を統治したが、平家を名乗らずに「時国家」とした。「上時国家」と「下時国家」とあるそうですが、今回は「上時国家」を見学しました。

28年の歳月をかけて建てられた最大級の木造民家です。建坪189坪、入母屋茅葺きの大屋根は、高さ18mもあり4~5階建てのビルを、木と萱で作ったようなものです。玄関は唐波風総けやき造り、大納言の間は書院造り。平家定紋「丸にあげは蝶」を金箔で描いた襖。

052050060

建物は国の重要文化財、庭な名勝に指定されています。庭は心字池を配した平庭と、自然の地形を巧みに利用した、独特の作風の高庭があります。その他、武具、道中用具、化粧箱、籠等多くの貴重な品々が展示保管されています。

054058059

| コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火)

奥能登の旅2日目続き

045海岸沿いの斜面に、小さな田がずらりと並んでいます。これが「千枚田」、あぜの局面が作るモザイク模様がとても面白いです。田植えが全て終わると綺麗でしょうね。少し前に小学生が田植えをしたニュースが流れていましたね*^-^*) ニッコリ☆ でも実際は幾つの田があるんでしょうね(*^。^*)(国指定文化財名勝指定)

042046

次は、「揚浜塩田」の珠洲製塩です。昔の塩づくりの話を聞きながら、実際にその方法を見せてくれました。今の科学的に作った塩は本当に塩だ069けですが(変な言い方ですが)、昔の方法で作った塩はミネラルがたくさん入っていて、躰にもとってもいいそうです。実際に舐めてみると確かに味が違う・・微妙に甘いです。塩アイスが美味しかったです*^-^*) ニッコリ☆ 写真は出来た塩を釜からすくって見せてくれました。

昔の道具・昭和の機械・今も残っている塩田。

071068073

| コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月)

奥能登の旅・・2日目

奥能登の旅・・2日目。この日は見学する場所が沢山で3回くらいに分けないとアップできないかもしれません。朝風呂に入り、朝食後8時にホテルを出発しましたが、10分くらい走ったところで突然「ホテルにい戻って!」という声が・・・何とスリッパのまま来てしまった人が(ノ∀`) アチャー

027_2気を取り直して再出発。まずは松本清張さんの「ゼロの焦点」の舞台として有名な「ヤセの断崖」へ。能登金剛と呼ばれる複雑に入り組んだ海岸線にある断崖026_2絶壁です。能登地震で10m四方にわたり崩れてしまって昔の面影はないそうです。それでも目がくらみます。「ヤセの断崖の」「ヤセ」とはやせて何も取れない土地」と意味だそうです。

028義経の舟隠し・・源義経が源頼朝から逃れる途中、舟を隠したといわれる入り江です。断崖を降りたところからはヤセの断崖も見えますが危険ですね(*^。^*)

026_3027_3

 

次は、輪島の塗工房と輪島の朝市へbus輪島塗の出来上がる工程を見学し、改めて素晴らしさに感激です。値段にも\(◎o◎)/!。

 

033032_2034_3

 

 

今日の最後は楽しい朝市・・お土産をついつい買ってしまいます*^-^*) ニッコリ☆ 新鮮な魚介類や野菜そして名産品などがずらりと並んでいました。200以上の露店が並ぶそうですが、時間が遅かったのでそれほど混んでいるようには見えませんでした。朝市で見つけた輪島らしいマンフォールの蓋です。

038_2037_2039_2

 

| コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

奥能登の旅・・初日の続き

004富山県に入り最初の見学は、加賀二代目藩主:前田利長公の菩提を弔うために三代藩主:利常公によって建立された「国宝 瑞龍寺」です。造営には約20年の歳月を要したそうです。

平成9年12月に山門、仏殿、法堂が国宝に指定されました。その他総門、禅堂、大庫裏、回廊、大茶堂が国の重要文化財に指定されています。

山門は、1度火事で焼失、現在の建物は1820年に竣工したそうです。当時としては珍しく和算により設計されている。左右に金剛力士像を安置し、楼上には釈迦如来、十六羅漢が祀ってあります。

法堂は、境内第一の建築物で総檜造りになっています。中央奥に前田利長公のご位牌が安置されています。法名は「瑞龍院殿聖山英賢大居士」。正面内陣の欄間には鳳凰が刻まれています。

総門、・山門・仏殿・法堂を一直線に配列し、左右に禅堂と大庫裏を置き、四隅を回廊で結んだ伽藍構成になっているため、厳粛かつ整然としています。

三代藩主の利常公は、二代藩主利長公の実の弟ではありませんが、兄をとても尊敬していたそうです。当時は3万6千坪もあり、周囲を掘りで囲み、まさに城郭の姿だったそうです。昔と比べるわけにはいきませんが今でも、総門と山門の間の敷地は千坪あるそうです。

010_2012015_2014006_2005

018017

 

 

その後、バスで高岡駅へ・・そこから氷見線に乗り秋天の氷見駅まで。途中ですれ違った「はっとりくん列車」です。さらに氷見駅から本日の最後はバスでホテルへ。6階の部屋から見た夕陽です。

023山に沈む夕日が日本海に映って、とてもきれいでした。(*^。^*)

| コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土)

奥能登の旅・・初日


待ちに待った能登半島の旅。6時に起床6時30分出発。
バスと電車を使って大宮へ!

初めて乗る長野新幹線「あさま」で上田まで。そこからバスで関越道から北陸道を走って富山県へbus途中のサービスエリアでまだ雪のある北信5岳(妙高山、斑尾山、黒姫山、戸隠山、飯縄山)を眺め腰を伸ばし休憩。桜がまだ満開でした。

001003満開の桜にちょっと得をした気分になりました。この後26か所の長いトンネルを抜けて富山県へ!

散居村・・広大な耕地の中に孤立した民家が散らばって点在する集落。富山県の砺波平野に見られます。1軒1軒が大きな家で、多くの木に囲まれています。バスの中からの写真ですのでうまく撮れていませんのでネットから参照しました。。それとこの土地は瓦が有名で漆を塗ったような黒光りのする瓦の家ばかりです。トイレまで立派な瓦でした。

110082Photo


続きはまた明日!!*^-^*) ニッコリ☆


| コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月 8日 (水)

旅行(*^。^*)

明日から、能登・輪島方面へ出かけてきます。bullettraintrainbusちょっと天気が心配な日もありますが、おおむね晴れそうなのでホッ!(^_-)-☆としています。

| コメント (8) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

豊作(^_-)-☆

20130504155923_320130504155749_3今年も美味しい豆がいっぱいできています*^-^*) ニッコリ☆ 味噌汁に、炒めものにと美味しくいただいております(*^。^*)左の写真が豆の花です。紫色のとっても可愛い花ですよ。

| コメント (14) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木)

八十八夜

Photo早いもので今年も爽やかな5月になりました。
自分にとっては、花粉症も治まり、風も爽やかでとっても過ごし易い季節です。
寒さとの別れの付でもあると思います。
立春から数えて88日目にあたる八十八夜は大体五月の始めになります。この日を過ぎると、霜などの心配が無くなる為、稲や野菜の種まきの目安とされてきました。
また、この日を境に、茶摘みが最盛期に入ります。八八という数字が縁起が良い数であることから、この日に積んだ お茶は極上で、このお茶を飲むと長生きをするといういわれがあるそうです。(。・・)_且~~ お茶どうぞ。梅雨に入る前のこの季節を楽しみたいですね。
余計な話ですが、じぃの高校入試の受験番号は「88」でした。中学の担任の先生が「ぱっぱ、と終らせて来い(*^。^*)」と励ましてくれたのを今でも覚えています。*^-^*) ニッコリ☆

| コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »