« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

秋近し・・・

Photoいやぁ~なんてこった…もう9月ですよ\(◎o◎)/!
暑さもようやく収まってきましたが、このまま秋になるのでしょうか?(なってほしいのですが…) 「天地始めて粛し」(てんちはじめてさむし)の頃ですが、気がかりなこともある時期ですね。立春から数えて二百十日目・・・台風が発生しやすい時期にあたります。今年は自然災害が各地で発生し、多くの方が被害を被っています。これ以上の被害が起きないことを祈るばかりです。これからの季節は全国で美味しい果物が沢山収穫される美味しい時期でもあります。スポーツに食欲に楽しい秋になりますように。そして綺麗な紅葉も鑑賞したいものです(*^。^*)

| コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月29日 (金)

結果発表

内視鏡による胃の中の検査結果を聞きに行ってきました。12時予約でしたので、11時40分頃受付終了。待つこと50分((#゚Д゚)y-~~イライラ) 結果は大丈夫ということでホッ!としました。何やら赤くなっていた部分も特に問題なしということで、「来年も検査に来てください。」ということでした。
健康診断の方は、胸部のレントゲン検査で軽度の異常として、「胸膜の肥厚があります。」と結果通知書に記載されていましたので、尋ねたところ特に問題は無いでしょう、とのことで「こちらも定期的に健診をしていてください。」ということで今年も無事に終わりました。*^-^*) ニッコリ☆

| コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月25日 (月)

展覧会2

2014_0825_135311cimg4321しかちゃん(陽大君)の展覧会に、またもや上野の森美術館へsubwaytrain
今回は、「日本の自然を描く展」という催しで、多くの画家の皆さんの作品が2フロアに展示されていまして、どの作品も素晴らしいものでした。そのように素晴らしい作品に交じって、2階の一角に子供部門というコーナーがあり、そこにしかちゃんの作品が展示されていました。(*^。^*)お子さんの画はどれも温かみがあり、絵心の無い私が見ていても飽きません。
今回のしかちゃんの題は「ツーショット」と氏名・学年と共に書いてありました。グラデーションも上手に描かれているのではないかと・・・じぃの感想です。前回の「フルーツケーキ」とはまた違った筆さばきに見えました。

2014_0825_130957cimg43192014_0825_151743cimg4325

| コメント (4) | トラックバック (0)

チャレンジ成功(^_-)-☆

2014_0922_083755cimg4317_2先日、大好きな数独をしているところを見ていた孫のしかちゃん。僕もやりたいというので説明をしましたが、いい加減に聞いて適当に並べ始めました。すぐにダメということが分かったらしく、1の数字から説明を聞きながら再チャレンジ・・・半分くらいまで進んだところで「帰るよ~」の娘の声に「えぇ~」と言いながら残念そうに帰っていきましたが、今回見事に並べ終えました(^_-)-☆問題は入門編ですが、一人で完成させました。「ここがあるから、こっちだ」とか「こことここのどちらかだから、とりあえず真ん中に置いておく」など、ぶつぶつ言いながら完成させました。飽きないで遊んでくれると頭の体操になると思います*^-^*) ニッコリ☆

| コメント (8) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土)

夏の思い出2

Photo今日と明日は、団地の夏祭り。先週の日曜から舞台づくり、神輿や山車の飾りつけをし、今朝は8時から提灯を下げたり、屋台の準備をし準備万端整いました(*^。^*)
役員は17時集合で最後の打ち合わせをし、18時開始です。じぃの関係する「防犯交通部」は、踊りが通る道路の交通整理が担当です。夕方から雨が降るかもしれないという天気予報ですが、何とか2日間降らないでほしいと思っています。楽しみにしているお子さんや、遠くからやってくるお孫さんのためにも・・・
我が家の孫ももうすぐやってくるでしょう*^-^*) ニッコリ☆

| コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

夏の思い出

2甲子園ではベスト16を目指して、熱い戦いが繰り広げられていますが、長い夏休みもそろそろ終わりが見えてきましたね。暑いことは暑かったこの夏ですが、入道雲がにょきにょきと出る夏らしい夏空は少なかったのでは・・・という記事を見まして、そういえばという感じがしました。孫のしかちゃんは、今日から少年野球の合宿に行きました。試合では「ピッチャーをするかも・・」と言っていましたが、楽しい夏休みの思い出を持って、怪我無く帰ってきてくれればそれでOKです。

「おんぶばった」
名前の通り、大きなメスの上に小さなオスがおんぶされているばったですね。昔はたくさん目にしましたが、最近はほとんど見ません。子供のころは親子だと思っていました*^-^*) ニッコリ☆ 先日、岩手に行ったとき田んぼにもいってみましたがいませんでした。

| コメント (8) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

甲子園2014 7日目

Photo_3第1試合 沖縄尚学VS作新学園
沖縄尚学は春夏合わせて4期連続出場となります。チームの柱は「沖縄のライアン」と呼ばれるエースの山城投手。4試合30イニングで1失点の31奪三振と安定した力を見せつけました。守備も主将の赤嶺選手を中心に5試合で失策3と安定しています。打線は本塁打こそありませんが、5割を超える打者が2人いて、終盤集中打で得点する粘りを発揮。全国屈指のレベルを保っている強豪チームですね。
作新学園は4年連続10回目の出場。近年まれにみる激戦となった栃木大会を、投打ともに安定した力を発揮して優勝。昨年夏の甲子園メンバーが半分残る強みもある。投手は藤沼と朝山の継投が鍵、打線は吉沢と添田の俊足2年生コンビの出塁にかかっている。

全国屈指の沖縄尚学・山城投手を、俊足コンビが書きまわせるかが鍵ですね。

第2試合 八戸学院光星VS武修館
春夏通算で14回目の甲子園。2011年夏から3期連続で甲子園準優勝の強豪。悲願の東北初優勝に今年こその期待が大である。東北大会6試合のうち3試合をコールド勝ちで勝ち圧倒的な強さで優勝。マウンドから本塁までの距離を13mに短縮した近距離バッティングで磨いた打撃は見ものである。1番北条・3番森山・5番新井は4割4分を超える打率を残した。守備も強肩のショート足立を中心にまとまっている。今年こその期待が溢れる。
北北海道大会初の釧路勢対決を制しての甲子園初出場。チームとしては左腕の継投で耐えて勝ってきた。試合の流れは1番柴崎がキーポイント。長打力もあり打線を引っ張る。中軸は長打力もあり、さらに積極的に足も使う攻撃ができるのが強み。

東北の雄に気後れすることなく戦って欲しいですね。

第3試合 関西VS富山商
今大会最後のチームになりました。岡山の関西は3年ぶり9回目の出場。昨年夏は決勝で逆転負けの悔しさを味わったチームは、2回戦から準決勝までの3試合をコールド勝ちでした。上位から下位まで俊足の選手が多く、機動力をふんだんに使えるのが強み。投手陣は左腕4人の継投がパターンです。巧みな走塁で相手投手を揺さぶり、継投で逃げ切るのが勝ちパターンのようです。
相手の富山商は、1回戦の日大鶴ヶ丘を2-0で破り2回戦へ。関西の勝ちパターンになるか、それとも富山商のバッテリーが足を封じるか!

| コメント (2) | トラックバック (0)

甲子園2014 6日目

Photo第1試合 鳴門VS近江

鳴門は「うずしお打線」と呼ばれる伝統の強打は健在。練習の大半を打撃に使うといわれているが、チーム打率4割4分9厘、打点45が示す通りの結果として表れている。特に中軸の好調さが目につく。投手陣は1年生・河野投手が中心で継投で乗りきってきた。1,2年生の投手が甲子園の大舞台で力を発揮できれば。
ノーシードから5試合連続でコールド勝ちし、決勝でも今春の県大会を制した北大津を圧倒して優勝。6試合で86安打・67得点・62打点・127塁打などの滋賀大会新記録を作った打線は脅威です。投手は2年生エースの小川投手を中心に4人で守ります。
どんな打撃戦になるのか楽しみ。

第2試合 城北VS東海大望洋

ノーシードから6年ぶり4回目の出場の城北。5人いる投手の継投で試合を作ります。できるできる必ずできるの精神でチャレンジです。ずば抜けた選手はいませんが、大差で勝ったり、接戦をものにしたりと掴まえ所の無い不思議なチーム。
4度目の決勝戦で初の夏代表になった東海大望洋は、横手投げのエース宇津木と最速144キロの本格派原田の2枚看板で、予選7試合を8失点に抑えてきました。攻撃陣は1年生の峯尾捕手が中軸を担い切れ目なく続く打線は先発7人が3割を超える好調を維持。
城北の5投手が東海大望洋の強打をどう抑えるかが見どころ。

第3試合 東海大相模VS盛岡大付
140キロを超える速球を持つ4投手を擁する投手陣は県内1.中心はエース青島投手、6試合で2失点の好投で優勝に貢献。打線は68打点の4割2分1厘と投手陣に負けてはいない。甲子園でも往年の「強打の相模」復活か!
盛岡大付は、プロ注目の、エースで4番の松本選手が大黒柱。投打でチームを引っ張ります。150キロの速球と多彩な変化球で42奪三振の好投。打撃陣も松本選手を軸にチーム打率3割7分4厘と高打率をマーク。松本選手のワンマンチームと思っていると足元をすくわれるかも。
松本投手の力投も見たいし、双方の打ち合いも見たいし・・楽しみな1戦です。

第4試合 角館VS八頭
角館は秋田大会5試合で35得点、5失点と投打がかみ合って、春夏を通じて初の甲子園です。相馬・伊藤の両投手が強気の投球でチームを引っ張り躍進の原動力となりました。甲子園でもガンガン攻めてほしいですね。
八頭は、エースの鎌谷が腰を痛め、2番手の飯田が顔にお打球を当てて怪我、主将で4番の竹内、2番打者の大基も怪我でチームを離れる時期がありましたが、2年生の西垣捕手が投手兼任で活躍、4年ぶり8回目の甲子園です。甲子園でもキャッチャーマスクを取ってマウンドへという光景が見られるでしょうか。
西垣投手と角館打線の対決が見たいです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月14日 (木)

定期検診

11年ぶりとなる内視鏡による定期検診。何度受けても嫌なものですね(>_<)今日の先生は上手な部類に入る手際の良さでした(*^。^*) 胃線種を取った部分や周りには特に異状はないようですが、「ポツンと赤い部分があるので生研へ回します。」とのことでした。結果は8月29日に胃線種を取ってくれた先生が診てくれる事になっています。健康に勝るものは無いですね。

| コメント (8) | トラックバック (0)

2014年8月13日 (水)

甲子園2014 5日目

Photo第1試合 明徳義塾VS智弁学園
智弁学園は、新チームになり、県内の公式戦では無敗を誇る。強烈なPowerが持ち味のスラッガー岡本外野手は、高校通算73本塁打を放ち存在感を見せつけている。予選では3本塁打の14打点、打率は5割5分6里という活躍でチームの優勝に貢献。奈良大会5試合で45打点は脅威。

エースで主軸打者の岸投手は4度目の甲子園。3連投に耐えられる体力づくりをした岸投手を擁する明徳義塾は、2度目の優勝を狙う。中軸には勝負強い打者が揃うが、新チーム結成以来10本塁打の岸が頼りか!
岡本を筆頭に強打の智弁学園を、予選を1人で投げ抜いた大黒柱の岸が押さえられるかが勝負の分かれ目ですね。

第2試合 開星VS大阪桐蔭
3年ぶり9回目の出場を果たした開星ですが、今夏の組み合わせは過去2年間、準決勝で敗れた立正大淞南と石見智翠館がいる「死のゾーン」と言われる組み合わせでしたが、両強豪校を破っての優勝です。何人もの選手が熱中症で搬送されましたが、気迫で乗りきった精神力はすごい。

強豪ひしめく大阪大会で3連覇の大阪桐蔭。桑田、清原のPL学園以来の快挙、予選8試合で打率3割8分1厘、10本塁打、61打点という強打が持ち味。投手陣では、2年生の田中投手が5試合で3失点と試合を作りました。昨年の夏を経験した峯元、香月がチームを引っ張ります。

ひとつの輪になった開星が、強豪大阪桐蔭に食らいつけるか!

第3試合 二松学舎大付VS海星
11度目の決勝で、延長戦を勝ち初出場の二松学舎大付は、バッテリーが1年生というチーム。エース大黒と1年生大江との継投が鍵。打線は21犠打とつなぐ野球に徹しているが、体格を生かした右の大砲・秦外野手の長打に期待したい。

海星は3試合で逆転勝ちという粘りのチーム。チームの主体は、4番の平場内野手、石場投手ら5人の2年生。4番と先発が2年生というフレッシュなチームで3年ぶり17回目の出場です。

若い選手が主力の両チーム、どちらが勝っても貴重な体験になりますね。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

甲子園2014 4日目

Photo_2第1試合 東海大甲府V佐久長聖
2年ぶり12回目の出場で、過去2度阻まれた4強越えを狙います。そして山梨県勢としては、春夏はじめての全国制覇を!!打率6割越えの望月主将を軸に石塚捕手、枝川内野手など強力打線が見もの。

2年ぶり6回目の出場の佐久長聖は、3年連続で決勝に進出していますが、今夏はノーシードからのスタートでした。両角、寺沢の両投手が軸の守って勝つチームと見ました。昨年夏エースとしてチームを引っ張った寺沢投手は、秋にひじを疲労骨折し、リハビリをこなしての復活です。
東海大甲府の打と佐久長聖の投・・・どちらが勝るか!!

第2試合 九州国際大付VS東海大四
九州国際大付は、攻守でチームを引っ張る清水捕手が注目です。7試合で7本のホームランなど65得点という、打力で勝ち進んできました。投手陣も予選を7失点で切り抜ける活躍でした。3番古沢、4番清水の打撃が楽しみですが、投打にバランスのとれた好チームですね。ホームラン2本の山本選手のお父さんは、元プロ野球選手の山本功児さんです。

東海大四は、弐壱年ぶり5回目の出場。
エースは細身の西嶋投手。身長168cm体重59kgながら、マウンド上では躍動感あふれる投球で、次の試合も早く見たくなる投手。打撃陣は4番の大河内選手が中心ですが、下位を打つ大川原選手は165cmとやはり小柄ですが、5割を越す打率を残しています。投打に活躍する2人の小柄な選手の活躍が楽しみです。

第3試合 聖光学院VS神戸国際大付
8年連続11回目出場の聖光学院は、チーム打率4割6分を超え、三振はわずか11という素晴らしさ。本塁打こそありませんが、早い打球が野手の間を抜けていきます。3番柳沼、4番安田の2人が打の中心。す日は6試合で失策1というほど鍛えられています。投手陣もエース船迫(ふなばさま)を中心に予選6失点でした。東北の王者らしい勝ち方で優勝し、東北初の全国制覇を狙います。

神戸国際大付は嬉しい初出場。
チームの大黒柱はエースの黒田投手。中学時代から怪我に泣いたエースは、今春チームに復帰。直球とスライダーを武器に2試合を完封しました。打線は2年生4番の竹村選手に期待します。相手は東北の王者ですが、気後れしないで戦って欲しいですね。

第4試合 小松VS山形中央
全員野球で初出場を決めた小松。ウエイトトレーニングの成果が、下位打線にまで力強いスイングができるようになり、チーム打率3割5分を超す。1試合平均16人の選手が出場する積極的采配に応える控え選手の層の厚さも見逃せない。

山形中央は、昨春の選抜に出場した選手が残っている強みがある。投手陣では、長身から投げ下ろす大きなフォークと140キロ超の直球が武器の石川投手が注目されるが、2番手の佐藤投手の活躍も素晴らしかった。打線は準決勝で2本の本塁打を放った2年生4番の青木に期待。
全員野球が山形中央の好投手に立ち向かう!!

| コメント (2) | トラックバック (0)

暦の上では・・

Photo暑い暑いと言いながらも暦の上では立秋も過ぎ早や秋に! まだまだ暑さの盛りですが、これ以降は夏の名残りの残暑と言います。8月15日は月遅れの盆、そして終戦記念日です。先祖の霊を送る灯火を川に流す灯篭流しには、戦争で散った人々への祈りも込められていることでしょう。若い人たちが戦争へ駆り出されることが無い世の中であることを祈るばかりです。
「涼風至る」「寒蝉鳴く」などといわれる季節になりましたが、まだまだ暑いですので、気をつけてお過ごしくださいませ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

岩手の念仏剣舞

2014_0413_044638cimg4294国指定重要無形民俗文化財ー朴ノ木沢念仏剣舞

剣舞(けんばい)と称する民族舞踏は、岩手県の各地に伝承され、盆や秋祭りに農村の人々によって演じられる。囃(はやし)
2014_0413_044056cimg4288の歌詞は、念仏供養と現世祝福との二様の意味を持っている。剣舞の内で武者面と采毛(ざい)をつけて勇壮に群舞するものを念仏剣舞と呼び奥州市の胆沢地方に
主として伝えられている。
舞人に先だって2人の少女が締太鼓の曲打ちをしますが、この役
2014_0413_045756cimg4306_2を胴取りといいます。この少女たちがとっても上手で動きも可愛いです。

2014_0413_045559cimg43032014_0413_045027cimg42972014_0413_044732cimg4296

南部鉄で有名な駅前には巨大な鉄瓶が展示されていました。新幹線「はやぶさ」と「こまち」の連結部分です。

2014_0412_223757cimg42852014_0414_075138cimg4314

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

甲子園2014 3日目

Photo_2第1試合 健大高崎VS岩国

 

県勢2年連続の全国制覇を狙って、大好きな健大高崎が登場します。なんといっても35盗塁という機動力が魅力です。その中でも11盗塁の脇本外野手が注目です。走るだけでなく打率5割で3番を打つ強打にも目を離せません。
岩国は、伸びのある直球を投げ込む柳川投手を中心とする勝負強いチームです。今大会でも好投手の呼び声高い柳川投手を足を使って崩すことができるかが勝負のポイントですね。

 

第2試合 鹿屋中央VS市和歌山

 

鹿屋中央(かのやちゅうおう)嬉しい初出場です。樟南を破った国分中央、神村学園などの強豪を退けて、念願の大隅半島から夏初出場です。初出場ながらエースの七島投手を軸にまとまりの有る好チームと見ました。
常連の智弁和歌山を破った市和歌山は10年ぶり4回目の出場ですが、1994,2004、そして2014と10年ごとの出場です。不思議なことがありますね。エースで主将の赤尾投手を中心とした機動力のあるチームですが、先発のうち4人が4割を超える打率を残している攻撃型のチームではないでしょうか。
どちらも投手を中心としているだけに、エースの投げ合いが見ものでしょう。

第3試合 佐賀北VS利府

佐賀北は、延長戦を3試合制する驚異の粘り腰を発揮しての2年ぶり4回目の出場です。7年前、無名の県立校が強豪校を破り、全国制覇した「がばい旋風」が吹くか。通算打率は低いが、バントは走塁など少ないチャンスを生かす野球で、今年も甲子園を沸かせてくれそうですね。
今年の宮城大会は、東北や仙台育英などの常連校が早々と敗れ、4強すべてが公立校になった大会でした。東北を破ったのは利府です。37犠打が示すように細かく取った点を5人の継投で守り抜く全員野球がモットーです。選抜4強の「利府旋風」か「がばい旋風」か・・どちらの風が強いか旋風合戦です。

第4試合 三重VS広陵

2年連続12回目の出場の三重は、1試合平均10点の猛打で代表になりました。打率5割以上が4人、4割以上が4人そしてチーム打率が4割1分という強力打線が、前半で得点し先行逃げ切り型のチームと見ました。守備もしっかりしたチームですが、投手力に少し不安がありそうですね。
広陵は4年ぶり21回目の出場です。長距離打者はいませんが、振りは全員鋭く、積極的な走塁は徹底されている好チームだと思います。1点を先行されましたが、広島新庄の好投手山岡から2点を奪って代表校になりました。準優勝3回の悔しさを今年こその意気込みは強いと見ました。
強打の三重か!それとも総合力の広陵か!楽しみですね。

この日は、健大高崎、広陵というじぃの好きなチームが出ます

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

甲子園2014 2日目

Photo第1試合 日南学園VS東邦

日南学園は予選を1失点に抑えた投手力で優勝。左腕の横川投手の右打者の膝元をえぐるクロスファイヤーが見もの。
東邦は1年生の大井投手が、1977年夏の準優勝に導いた坂本投手の再現なるかが見どころ。

第2試合 静岡VS星稜

3年ぶり23回目の静岡と2年連続17回目の星稜・・古豪同士の対戦。
静岡は1年生と2年生が中心の若いチームで、経験不足はあるが勢いもあるチーム。
星稜は、決勝戦で8回終わって0-8でしたが、9回打者13人の猛攻でサヨナラ勝ち。どちらの勢いが勝っているか楽しみ。

第3試合 日本文理VS大分

日本文理は投打の要である飯塚投手に期待です。攻撃は打者一巡を3度のつなぐ野球が特色。
大分は、9回2死走者なしから逆転で優勝した粘りのチーム。コースを突く制球力と変化球で勝負する佐野投手。
エース同士の投げ合いが見どころですね。

第4試合 大垣日大VS藤代

大垣日大は、主将で4番の滝野外野手が引っ張ります。左の強打者で左右へ打ち分け、20打数11安打打率5割5分という驚異的な打率を残しました。さらに昨年夏の経験者が7人いるというのは強みですね。
藤代は、中学時代、硬式野球の大会で全国優勝した3人が引っ張ります。好投手を打ち崩してきた打力が見もの。
両チームの打ち合いが楽しみです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

甲子園2014

Photo 第96回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が昨日あり、いよいよ2014年の夏の甲子園が9日に開幕します。今年の選手宣誓は作新学院の中村主将に決定しました。今年も印象に残る宣誓になることでしょう。

そして、開幕第1戦に、史上8校目の春夏連覇を掛ける「龍谷大平安」が登場します。多彩な投手陣と強力打線が目に留まりますが、京都大会6試合で21盗塁という機動力も見逃せません。期待する選手は、俊足好打の1番センターの徳本選手ですね。

対戦相手は、我が地元の「春日部共栄」9年ぶり5回目の出場です。埼玉大会は大本命の「浦和学院」や「花咲徳栄」が早いうちに敗れるという波乱の大会でしたが、厚い投手陣を軸に総合力で勝ち抜けました。楽しみな選手は攻守の要・捕手の「守谷選手です。好リードと遠投100mの強肩が王者の足を封じ込めるかが見どころでしょうか。

第2試合は、20年ぶり8回目の出場の「坂出商」と5年ぶり6回目の出場の「敦賀気比」。見どころは、福井大会でチーム打率4割3分8厘の強力打線を誇る敦賀気比の攻撃を坂出商がかわし切れるかどうかでしょうね。

第3試合の「日大鶴ヶ丘」は第1シードの重圧を7本塁打を放った強力打線で勝ち残りました。主将の金井選手は捕手でしたが、負傷をした時の代役をした西田選手が活躍し、そのまま捕手で4番に座り、金井選手は外野にコンバートされました。2年生で4番の西田選手に期待です。相手の「富山商」は小技を絡めて好機を作り確実に点を取るというチームですので、お互いの駆け引きが面白そうですね。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月 4日 (月)

展覧会

2003_0103_045422cimg4278しかちゃんの絵画展覧会へ行ってきました。場所は「上野の森美術館」。皆さん個性豊かな絵で楽しいですね。絵筆を思いのままに動かした素直な作品はほのぼのとした温かさが感じます(*^。^*) 絵心の無いじぃもゆっくり拝見しました。25日はしかちゃんの違う作品が展示さ2003_0103_045429cimg4279れるようなので、また出かけます。*^-^*) ニッコリ☆ 暑いのにねぇ~~(^^ゞ 大きな樹木が沢山あり、蝉が鳴いていました。25日は休みなので近辺も散策したいと思っています。

しかちゃんの作品「フルーツケーキ」2003_0103_041504cimg4275_2

美味しそうに見えますか(*^。^*)

| コメント (8) | トラックバック (0)

2014年8月 2日 (土)

たたら祭り

2003_0101_040741cimg4274川口市の「たたら祭り」へ、しかちゃんとばぁのお供で行ってきました。花火や流し踊りなどのメインは明日ですが、明日は仕事ですので本日ということになりました。場所は川口オートレース場がメイン会場です。明日はバイク走行のデモもあるように聞きました。今日はたくさんの屋台が出ているだけですが、\(◎o◎)/!するほどの人出でした。たたら祭りの「たたら」とは・・・調べてみました。たたら(蹈鞴)は、金属の精錬・加工に必要な空気を送り込む大型の送風器(ふいご(鞴)の事で、足で踏んで空気を送る。川口では鋳物を鋳造するとき使用したそうですが、暑くて重労働なので「たたら節」という歌を歌いながら仕事をしたそうです。たたら祭りはの由来は、そのあたりらしいです。

たたらを勢いよく踏むさまが、空足を踏む姿に似ていることから、勢い余って踏みとどまれず数歩歩むことを「たたらを踏む」というようになったそうです。

2003_0101_023326cimg42712003_0101_031922cimg42722003_0101_032229cimg4273

| コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »