« 23 春はそこまで | トップページ | 25 群馬の旅 »

2016年2月21日 (日)

24 霞と霧

「移ろいの 季節うれしや 春霞」
Photo
「立春」が過ぎ、二十四節気の2番目にあたる「雨水」に入りまして、寒い日が長く続かずに、温かい日差しの日が多くなってきました。春霞がたなびき、遠くの景色がほのかに現れては消える、そんな移ろいの季節になってきました。薄ぼんやりとたなびく霞と、目の前に深く立ち込める霧。春には霞と呼び、秋には霧と呼び分けるそうですが・・・知りませんでした。(と、言うより考えたこともありません(^^ゞ)霧と霞は同じ現象の別名ですが、霞の方が水滴が小さいようです。霧は秋で「立ち上る」、霞は春に「たなびく」と使われるようです。日本語って綺麗ですね(*^。^*)

« 23 春はそこまで | トップページ | 25 群馬の旅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

nyar-nyarさん ((ヾ(*ゝ∀・*)ノ☆゜+.⊇ωレニちゎ゜+.☆
お庭がますます賑やかになりますね(*^。^*)
梅も見たし次は桜ですね。
公園の花壇も色とりどりで綺麗です*^-^*) ニッコリ☆

投稿: Kazu | 2016年2月25日 (木) 16:53

kazuさん こんばんは
いよいよ春本番も近いですね!
各地で河津桜も咲き競う春
と同時に風が運んでくる砂埃の時期でもありますが、
これさえなければ・・・
土の中から目覚める花達も春の訪れを待ちわびていますね。

投稿: nyar-nyar | 2016年2月23日 (火) 22:28

baba様 (*′σ∀`)p[☆。・:+*こんばんゎ*:+:・゜☆]
気に入った五七五ができずにいたところ、、何かヒントがないかと呼んでいた本に霞と霧の事が乗っていました。目が悪くなる前にもっともっといろいろな本を読んでおけばよかった思っています。

投稿: Kazu | 2016年2月23日 (火) 20:15

遠くの景色がまるで薄雲がかかったような景色になることがありますがこれが春霞なのですね
物知りのkazuさんにはいろんなことを教わります

投稿: koutanbaba | 2016年2月22日 (月) 19:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 24 霞と霧:

« 23 春はそこまで | トップページ | 25 群馬の旅 »