« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

52広島平和記念公園

2016_0422_164652cimg5852世界の恒久平和を願って爆心地に近い広島市の中心に建設されました。園内には、原爆投下時の広島の様子を展示した広島平和記念資料館や原爆死没者慰霊碑、原爆の子の像、そして世界遺産に登録されているっ原爆ドームなどがあります。平成8年に、核兵器の惨禍を後世に伝える建築物として登録されました。時代を越えて核兵器絶滅と恒久平和の大切さを世界へ訴えるシンボルとなっています。今回この場所を訪れて原爆の怖さと悲惨さを思い知りましたが、ガイドさんの説明で一番悲しかったのは「佐々木貞子さん」の事でした。2歳の時被爆し、10年後に白血病が発病しなくなりました。足が速く明るく元気な少女だったそうです。男子との徒競走でにっこり笑いながら男子を抜いていったそうです。そんなクラスの人気者だっら貞子さんの詩に衝撃を受けた同級生たちが「原爆で亡くなったすべての子供のために慰霊碑を作ろう]と全国へ呼びかけ多くの生徒や、世界各国からの支援により完成したのが「原爆の子」の像です。ご両親は白血病の事を内緒にしていたそうですが、貞子さんは自分で白血球の検査の結果を記帳していたそうです。中学入学の前に作ってくれた着物を着ることなく無くなってしまうのですが、沢山の医療費を使ったことなどをご両親に詫びていたそうです。この日も、高校生達ちが折りヅルを持って手を合わせていました。こんな悲しい出来事が二度と起きないようにしてほしいものです。

2016_0422_164245cimg58502016_0422_172241cimg58542016_0422_164225cimg5849




2016_0422_164154cimg58482016_0422_163122cimg5844

| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年4月28日 (木)

51 霜止んで苗出ず

Photo沢山の穀物を潤す春の雨が降るころの「穀雨」。この季節の終わりには夏の始まりを告げる八十八夜が訪れます。霜止んで苗出ず(しもやんでなえいず)とは、霜の覆いが取れ、健やかに苗が育つ頃。種籾が芽を吹き、青々と伸びていく頃を言います。
お米というのは、稲の実の事。その実を籾というのですが、籾の殻を取ると玄米になり、その玄米から米ぬかの部分を取ったものが白米です。もともとの実である籾を土に蒔けば、芽が出て稲が育ちます。秋に収穫された籾を、翌年の種にとっておいたものが種籾と呼ばれる稲の種です。
この季節の兆しとして、五日に1度風が吹き、十日に1度雨が降るというような規則正しい順調な天候を「五風十雨」と呼びますが、これは世の中が平穏無事という意味もあるそうです。春から初夏へと変わる、気持ちのいい陽気の時期によく合う言葉だと思います。九州の皆さんが早くこの季節を感じることができるようになればと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月27日 (水)

50 山陰地方

2016_0421_112411cimg5731 縁結びの神で有名な出雲大社。神楽殿の注連縄の大きさにビックリ仰天。あいにくの雨で傘を差しながらの参拝でした。雨にもかかわらず大勢の人で思うように動けず時間だけだ去ってしまいました。出雲大社には材質が違う鳥居が4つありますが、雨のためにバスに乗ったまま表参道を通過。神社の参道は大体のぼりが多いのですが、出雲大社は下り坂。これは全国的にも珍しいそうです。歩いてみたかったなぁ~。出雲大社で有名なのは大しめ縄がありますが、本殿の注連縄も大きいですが、もっと大きいのが神楽殿の注連縄です。そして出雲大社のお参りは「2礼・4泊・・1礼」ですので参拝に行かれる方は間違いませんように「。大国主大神は正面を向いているのではなく西を向いて座しているので、西側へ回って正面からも参拝するといい」と教わりましたがそれもできませんでした。次の津和野も雨で、城下町を流れる川も濁ってしまい鯉を見ることができませんでした。滞在時間が短く津和野の街並みを少し眺めるだけで、小京都といわれる津和野を堪能することはできませんでした。

2016_0422_092151cimg5804翌日は、昨日の悪天候が嘘のような快晴。時代を動かした吉田松陰ゆかりの地・・萩へ。吉田松陰は、萩藩士・杉百合乃助の二男として誕生し、6歳の時萩藩の山鹿流兵学師範の吉田家に養子に入る。兵学師範になるために百合乃助の末弟・玉木文之進の厳しい指導を受ける。松下村塾は松陰が開いた塾と思っている方が多いですが、実際は玉木文之進が開いた塾です。松下村塾は見て驚くほどの小さな建物です。この小さな塾からは、久坂玄瑞、高杉晋作、吉田稔麿、山形有朋、前原一誠、伊藤博文、など大勢の優れた人材が育ったのだと思うと、松陰という人の影響力のすごさがわかります。余談ですが、松陰は大阪商工会議所の7代目・杉道雄会頭の先祖になります。下記のアドレスをクリックして写真をご覧ください。

http://soarer-2906.cocolog-nifty.com/photos/izumo/index.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

49 足立美術館

2016_0421_084100cimg5704世界が認めた日本庭園・・・足立美術館。昭和45年の開館以来、訪れる人を魅了し続けている50,000坪の日本庭園。苔を主体とした京風の庭園「苔庭」、自然の調和が美しい「枯山水庭」、開館8周年を記念して昭和53年に完成した高さ15mの「亀鶴の滝」、槙山大観の名作『白砂青松]をイメージした『白砂青松庭」や「池庭」などが自然の四季の移り変わりを楽しませてくれます。窓全体を額縁風にして四季の移り変わりを楽しむ「生の額絵]や床の間の壁をくりぬいてあたかも掛け軸のように景観を楽しむことができる「生の掛け軸]と行った足立美術館の名物も楽しみの一つです。館内には槙山大観をはじめ巨匠の絵画がたくさん展示されていますが、撮影できませんので庭園だけ記事にしますのでご覧くださいませ。

http://soarer-2906.cocolog-nifty.com/photos/adatibijyutukann/index.html

2016_0421_084158cimg57052016_0421_085209cimg57152016_0421_085854cimg5720

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月24日 (日)

48姫路城

2016_0420_142139cimg5677白く華麗な天守閣、そして外から見ると5階5階建てに見えるが内部の造りは地上6階、地下1階の7階構造の巨大な城で、世界文化遺産・国宝、特別史跡に指定されています。日本三大平山城の1つでもあります。白く輝く天守は、白い鷺が飛び立つ様に見えるところから、別名白鷺城と呼ばれています。黒田官兵衛が産まれた城ですが、秀吉が毛利攻めの時の拠点路して大阪城を築くまでの城主となり、三重天守を築く。関ヶ原の戦の後池田輝政が城主となり、五重7階の連立天守を築く。徳川家康の孫娘・千姫の嫁入りや宮本武蔵の溶解退治、お菊の悲恋などの逸話も多い。すべて見て回るには1日欲しい名所だと思う。下のアドレスをクリックしてご覧ください。移動しましたら画面を少し上に上げてください。アルバムに入るボタンが現れます。

http://soarer-2906.cocolog-nifty.com/photos/himejijyou/index.html

2016_0420_133910cimg56702016_0420_144527cimg56932016_0420_142559cimg5681

| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年4月17日 (日)

47 虹始めて見る

Photo虹始めて見る(にじはじめてあらわる)・・春の雨上がり、空に初めて虹が掛るころ。これから夏にかけて、夕立の後に多く見られる季節です。こんな気持ちの良い季節になり掛けているのに・・今年は大きな災害が来ませんようにと思っていたのに・・・今年も大変な災害が襲ってきました。大勢の尊い命を奪い、大事な家をつぶし、楽しかった家族の生活を奪った地震。被害に遭われた方のこれからを思うと辛いです。募金活動しか協力できなくて、申し訳なく思います。せめて、綺麗な虹が九州地方に架かればいいと思います。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年4月12日 (火)

46 玄関先

我が家の玄関先にも春がやってきました。どこにでもある花ですが綺麗に咲いています・それでもメインは野菜・・・絹さや、大根、レタスなどなど無農薬野菜です*^-^*) ニッコリ☆野菜も花もすべてプランターで、製造者はすべてわが家の奥様です*^-^*) ニッコリ☆ 野菜美味しいですよ*^-^*) ニッコリ☆

2016_0402_155717cimg55912016_0402_155835cimg55962016_0402_155859cimg5597

2016_0402_155756cimg55942016_0402_155809cimg55952016_0402_155735cimg5592_3

| コメント (11) | トラックバック (0)

2016年4月10日 (日)

45 薫風 

Photo桜も終わりに近づきましたが、若葉が萌え、花が咲き、新学期が始まり、すべてのものが生き生きと感じられる今日この頃ですね。
冬を東南アジアなどで過ごしたツバメが数千キロを飛んで日本に渡ってくる頃でもあります。人家の軒先などを好んで巣を作り、ひなを育てます。親鳥が矢のように巣を飛び立ち、餌をくわえてひなに与え、また飛び出してゆく。親鳥が戻ったときのひなが可愛いですね(^_-)-☆「ツバメが巣をかけるとその家は繁栄する」という言い伝えもあります。作業場の中に巣を作られて糞対策に苦労したことを思い出します。
寒くなく暑くなくたらのめ、タケノコなども美味しい季節になりました。年間で一番過ごし易いこの時期を大事にしたいと思います。

「風流れ 花の薫りを 運ぶかな」
「風そよぎ 若葉の薫り 心地よし」

| コメント (4) | トラックバック (0)

2016年4月 7日 (木)

44 伝法院

2016_0406_142221cimg5650国指定名所 伝法院庭園を拝観してきました。都内でも有数の文化財を世に残すべく、平成23年に国の名所に指定されました。平成27年には建物6棟(客殿・玄関・大書院・小書院・新書院・台所)が国の重要文化財に指定されました。通常は非公開のこの庭園の中を見たいと思っていました。雷門から仲見世通りを本堂へ向かう大勢の人と、大きな声の喧騒が嘘のような別世界でした。茶人としても有名な小堀遠州Ⅱよって造られたといわれています。回遊式庭園の園内を歩いていると気持ちがゆったりとしてきます。宮様や徳川歴代将軍が訪れた庭園、その気になって散策してきました*^-^*) ニッコリ☆ 素晴らしい景観に少しも疲れませんでした。墨田川沿いの桜もご覧ください。http://soarer-2906.cocolog-nifty.com/photos/dennpouin/

2016_0406_141627cimg56372016_0406_141930cimg56432016_0406_142706cimg5658

http://soarer-2906.cocolog-nifty.com/photos/onihei/

2016_0406_121501cimg56132016_0406_122010cimg56212016_0406_121354cimg5611

| コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月 5日 (火)

43 図柄マンホールの蓋

2016_0404_151555cimg55982003年5月、旧大宮・浦和・与野の3市が合併して「さいたま市」が誕生したのを記念して造られた図柄マンホールの蓋。この記念のマンホールカードを、数量限定でいただけるということで、さいたま市役所まで行ってきました。県の木である、けやき・サクラ草・桜をメインに配置し、市民への親しみをイメージしたそうです。このカードのマンホールの蓋は、さいたま新都心駅周辺に設置されたそうです。また、周辺には旧3市のマンホールの蓋もあるそうですので探してみました(*^。^*)下を向いて歩くこと40分(^^ゞ(^^ゞ見つけましたヽ(´▽`)/2つだけ*^-^*) ニッコリ☆ 記念のマンホールの蓋(色があるうちに見たかったですね)と与野市のマンホールの蓋*^-^*) ニッコリ☆ 残りは後日探してみます。浦和駅近辺の蓋もご覧ください。
http://soarer-2906.cocolog-nifty.com/photos/huta/

2016_0405_123840cimg56062016_0405_122823cimg5601_22016_0404_151941cimg5599

| コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月 3日 (日)

42 小石川後楽園

2016_0401_182351cimg5578水戸黄門ゆかりの名園・小石川後楽園へ眼の定期検診の帰りにちょっと立ち寄ってみました。平日なのに大勢の人が見えていました。水戸徳川家の初代藩主頼房が、水戸藩中屋敷として建てたもので二代藩主の光圀の代に完成した庭園です。光圀は造成に当たり、水面に映る影が満月のように見える「円月橋」や[西湖の堤]など中国の風物を取り入れて造った中国趣味豊かな庭園です。庭園の形式は池を中心とした回遊式築山泉水庭園になっています。衷心となるこの池は竹生島などを配し、琵琶湖に見立てているそうです。きっと舟遊びをして四季折々の景観を楽しんだことでしょう。高いビルに囲まれた都会の真ん中に癒しの空間がありました。

国の特別史跡・特別名勝に指定されています。この重複指定を受けているのは、小石川後楽園、浜離宮恩赦庭園、金閣寺などごく限られているようです。http://soarer-2906.cocolog-nifty.com/photos/onihei/2016_0401_143438cimg5567.html

2016_0401_182313cimg55752016_0401_142140cimg55502016_0401_143504cimg5568




2016_0401_141905cimg55442016_0401_142329cimg55522016_0401_142408cimg5555

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 2日 (土)

41 桜が満開に

2016_0402_155255cimg5589毎年綺麗に咲いて楽しませてくれる伝佑川の桜が、ほぼ満開になりました。cherryblossomcherryblossomcherryblossom今年は木によって開花がかなりずれていて、散り始めている木もあり、一斉に咲くということが無いのではと心配しましたが、間に合いました*^-^*) ニッコリ☆川の両側から川に向かって枝を伸ばしています。今日はカメラマンが大勢出ていました(*^。^*)今日は見沼田んぼの西側と東側、越谷の元荒川沿いの桜も見学してきました(*^。^*)桜は気持ちを晴れやかにしてくれます。 *^-^*) ニッコリ☆

2016_0402_154720cimg55812016_0402_154803cimg55822016_0402_154853cimg5583

2016_0402_155255cimg5589_22016_0402_155311cimg55902016_0402_154946cimg5584

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

40 今年の桜第1弾

2016_0401_154805cimg5574我が家の玄関を出て、右側の遊歩道の桜がほぼ満開になりました。徒歩1分で行ける地元の桜です。メインの川沿いはまだ7分程度なのでこちらを先にアップします。この遊歩道の間に公園がありここで皆さん花見酒を*^-^*) ニッコリ☆ 流れている用水路の水がもう少し綺麗だともっといいのですが(*^。^*)

2016_0401_154747cimg55722016_0401_092518cimg55362016_0401_092023cimg5532

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »