« 5 寒中お見舞い | トップページ | 7 精神余命 »

2017年1月 7日 (土)

6 六義園2

2017_0106_124806cimg0333六義園の続きです。六義園の名前は、中国の詩の分類法(詩の六義)に倣った古今集の序にある和歌の分類の六体(そえ歌、かぞえ歌、なぞらえ歌、たとえ歌、ただごと歌、いわい唄)に由来したものだそうです。漢音読みで「六義」を「りくぎ」と読む習慣から六義園(りくぎえん)と読むようになったそうです。今の時期は華やかさはありませんが、広い庭園の中を1人で歩いていると時を忘れます。春先になれば見事なしだれざくらもありますし、秋には紅葉fが見られますので、季節ごとの景観楽しみたいですね。もう少し園内を紹介します。
渡月橋・・・2枚の大岩の重量感が、当たりの雰囲気を引き立てます。
出汐湊・・・大泉水の池畔の1つ。右手に中之島、左手に蓬莱島、対岸に吹上浜が見えます

内庭大門・・・庭園の中心に入る門で広場にはしだれ桜の大樹が植えられています。
場所はJR駒込駅や南北線駒込駅から徒歩5~6分です。

2017_0105_110812cimg03052017_0105_105832cimg03002017_0105_105610cimg0293

2017_0105_105838cimg03012017_0105_110636cimg03032017_0105_110914cimg0308

« 5 寒中お見舞い | トップページ | 7 精神余命 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

nuraさん (p≧w≦q)オッ☆ o(≧▽≦)o ハァァァァァァ♪
今月の半ばまではイベントがないので休みが多いので、アップすることができました。
都内にはまだまだ行ったことのない名所が多くありますので、少しずつ回ってみたいと思っています。

投稿: Kazu | 2017年1月 9日 (月) 09:25

こんばんは。
こんなに立派な大名庭園が都内にあるとは
凄いですね。
それも「側用人」の柳沢吉保が作ったとは。
一般的にやり手のイメージがつきまとう人ですが
築庭のセンスもあったんですね。
あと、Kazuさんも凄いですね。もう6作品も
私も負けないで頑張ります!

投稿: mura | 2017年1月 8日 (日) 18:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6 六義園2:

« 5 寒中お見舞い | トップページ | 7 精神余命 »