« 49 八咫烏 | トップページ | 51 日足紋 »

2020年7月 2日 (木)

50 村上義清

「戦国武将ランキング」という雑誌を読んでいて思ったこと。上位にランクされた武将は負けたことがないのだろうか?少し調べてみる気に(暇に任せて(* ´艸`)クスクス)
今回は3位にランクインした「甲斐の虎」と言われた名将武田信玄。信玄は70回以上出陣し負けたのは数回である。5回という説と6回という説がありましたが、信濃の豪族「村上義清に2回(3回)負けているのです。ほかの負けは上杉謙信2回、北条氏政1回とありました。
村上義清・・埴科郡を中心に佐久・小県・更科・高井などを領有する信濃の豪族であった。信玄の父・信虎と密約し小県の海野氏を上野に追放するが、信玄の代になって武田と対立するようになる。
戦術に長けた武将で小県に攻め込んできた信玄を「上田原の戦い』で破り、さらに2年後には砥石城に迫る信玄の軍を撃退する。「砥石崩れ」と呼ばれる屈辱を味わせた。そして、3年後真田幸隆の策略で同盟者を切り崩され,本拠の葛尾城を捨てて越後へ逃れ、上杉謙信の配下となり、武田と戦うが本拠地復帰はならず越後の根知城で病没する。上杉謙信は義清らの要望を聞き信濃北部への出兵を繰り返したのが原因で、あの有名な川中島の決戦が再三繰り広げられることになる。

武田信玄    (武田菱)村上義清(丸に上の字)真田幸隆(六文銭)上杉謙信(上杉笹)

2018_0611_100112cimg0357_20200702134901Cimg14042018_0611_100542cimg0388Photo_20200702135201

« 49 八咫烏 | トップページ | 51 日足紋 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 49 八咫烏 | トップページ | 51 日足紋 »