2019年10月11日 (金)

31最下位

今年も大きく期待を裏切ってしまったスワローズ優勝したウサギさんに何と18ゲームもの大差をつけられての最下位に(; ;)ホロホロ勝ち星で18不足、負け星で18も多い……59勝82敗2引き分けの勝率4割1分8厘。
チーム打率2割4分4厘で得点6・チーム防御率4.78で失点739点。

優勝したウサギさんは得点663点で失点は573点・・・毎年のことですが投手陣の頑張りが足りないというか新戦力が出てこない。点を取ってもそれ以上とられれば勝てない。投手陣の噴気を期待するしかないですね。2年目の村上選手が大化けして打点王のタイトルをとる勢いでしたが、後は山田選手がまずまずな成績でしたが青木選手もバレンティン選手も少し期待外れに感じます。期待の若手も広岡、奥村の両選手が期待通りの活躍をすることできませんでした。

館山、畠山の全盛期を知っている2選手が引退したのは寂しいですが打撃陣も投手陣も新戦力がたくさん出て来年こそは日本シリーズまでシーズンオフにしないでほしいものです。

外部から厳しい指導者を注入した方がよいのではないかとも思うのですが・・・このチームをよく知っている高津新監督に明るいチームカラーを無くさずに、その上で厳しく有望な若手を教育してほしいと思います。

 

| コメント (3)

2019年2月 1日 (金)

7 キャンプイン

Photoプロ野球がいよいよ始まります。今年は甲子園を湧かした選手が大勢います。開幕1軍に何人の選手が残るか楽しみですね。FAで球団が変わった選手の調整は、またその人的補償でチームが変わった選手、にはぜひとも心機一転前のチームの首脳陣を見返してやってほしいですね。FAで獲得した選手より、出て行った選手が活躍する結果など過去に沢山ありますからね。何でも欲しがり屋の原監督・・・獲得したのはいいけれど(゜-Å) ホロリの結果の方が過去は多いですからね。
主力も若手も、そして新人も皆怪我無くよい結果の出たキャンプになるといいですね。つばめさん今年こそ。:゚(。ノω\。)゚・。(感激) の涙を期待しますよ~~

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月26日 (金)

85 ドラフト会議

2018ドラフト会議が昨日行われ、育成を含めて104人がプロ野球入団の機会を得ることができました。今年のドラフトは、3人の高校生打者に11球団がそれぞれ競合しました。西武だけが投手を指名し競合なしで交渉権を獲得しています。
大阪桐蔭の根尾選手に4球団・・中日が獲得、同じく大阪桐蔭の藤原選手が3球団競合の末にロッテが獲得。もう1人報徳学園の小園選手は4球団競合で広島が獲得。長年ドラフトを見たいますが即戦力の投手が1人しか指名されなかった歳は無かったと思います。投手が補強のポイントの球団も沢山あると思うのですが、どうなのでしょうか。
話題の金足農・吉田投手は外れ1位で日本ハムが獲得。競合しなかったということはラッキーだったと思います。日本ハムは、花咲徳栄・野村選手、横浜高・万波選手、大阪桐蔭・柿木投手という甲子園を沸かせた選手たちの交渉権も獲得しました。選手を育てることに掛けては球界1番だと思いますのでいい球団から指名を受けたと思います。しかし、これだけ有望な選手がなぜ日本ハムに固まったのか不思議でなりません。ダルビッシュ、中田、斉藤、大谷。清宮とやはり何かを持っている球団ですね。吉田、野村、万波、柿木どうして競合しなかったか・・・

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

73 ベスト8出揃う

Photo史上最多の56校が出場した今年の夏の甲子園。ベスト8が決まりました。大阪桐蔭VS浦和学院 報徳学園VS済見 日大三高VS下関国際 金足農VS近江 この組み合わせでどこが勝ち残って準決勝へ駒を進めるか楽しみですね。どこのチームが勝ってもおかしくないのですが、東北に初の優勝旗が、という期待も大きくなりました。地元の浦和学院は優勝候補NO1の大阪桐蔭とに試合。勝てば2年連続で埼玉に優勝旗が来るかもしれません。残り7試合目が離せませんね。最後まで全力で楽しい試合をしてほしいものです。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

71 熱戦

Photo甲子園2日目。2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭と98回大会優勝の作新学園が1回戦で激突。両エースの好投で1-0の接戦で終盤へ。そして8回裏大阪桐蔭は4番藤原選手のヒットに外野手の後逸が重なり貴重な2点が入り、9回作新学園の攻撃を1点に抑えて3-1で大阪桐蔭が初戦を突破しました。3人の投手リレーで優勝候補を苦しめた作新学園でしたが、あと1歩のところで敗れました。後逸した外野手は点をやらないという思いで、早く送球をと、強い思いの結果として後逸。本人は悔しい思い出いっぱいだと思います。この選手を責める人が出ないことを願うばかりです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

70 開幕

Photo真夏の祭典。夏の甲子園が始まりました。大好きな入場行進と選手宣誓が仕事のために見られず、とっても残念でした。今年の夏の暑さは本当に危険なくらい暑いです。いつもよりグラウンド整備を多めに入れて、選手の休憩時間を意識して作ってあげるような配慮を、運営役員の方が持ってくれるとありがたいですね。全選手が持てる力をすべて出し切れるといいですね。今年もどんなドラマが待っているのかわくわくします*^-^*) ニッコリ☆

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月31日 (火)

69 決戦間近

Photo7月も今日で終わり。暑い暑いと言っている間に、アッという間でした。甲子園を目指す地方予選が終わり出場校が決定しました。今年は100回記念ということで、北海道、東京のほかに埼玉、千葉、大阪、兵庫、愛知、神奈川、福岡の7県も2校出場となり、過去最多の56校が新しい優勝旗を取りに行きます。夏連覇を目指す花咲徳栄と春夏連覇を狙う大阪桐蔭も予選を勝ち残りました。どちらも強打が売り物ですので、対戦すると打ち合いになるでしょう。初出場が6校と少なかったでが、福岡は2校とも初出場でした。連続出場は、12校ということで各地とも厳しい戦いだったのでしょう。連続出場するということは大変なことなのでしょう。10年以上間が空いた学校は10校ですが、35年ぶりの熊本・東海大星翔、28年ぶりの大分・藤陰が目立ちます。関東は12校の内7校が連続出場ですが、九州は9校の内連続は沖縄の興南岳という結果でした。関東地方も常連でない学校が出てくれるといいのですが・・・今年の埼玉は北埼玉と南埼玉とどちらもAシード校が優勝しましたが、決勝で敗れた2校はどちらも県立の進学校でした。個人的には勝って欲しかったですが、チーム力としてはかなり差が有るように見えました。来年の夏はノーシードの甲子園出場校が増えることを期待しましょう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

60 予選始まる

Photo夏最大のイベント全国高校野球選手権大会。甲子園出場をめざし全国各地で予選が始まりました。今年は100回記念大会、優勝旗も新しくなります。新しくなった優勝旗に最初に名を刻むのはどこの高校になるでしょう。昨年の甲子園は埼玉代表の花咲徳栄が強力打線で優勝しましたが、今年はどこのチームが話題をさらうか楽しみです。
今大会埼玉県は、南埼玉と北埼玉と2校が出場する機会に恵まれました。昨年出場の花咲徳栄は北埼玉、甲子園常連の浦和学院は南埼玉と別れました。この2校が最有力ですが、高校野球は何があるかわかりません。私の尊敬する方の言葉に「汗は無限」という言葉が有ります。思いっきり汗を出して甲子園を目指してください。そして、新優勝旗が最初に埼玉に来ますように応援します。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月23日 (金)

29 始まりました(*^。^*)

Photo第90回の記念大会が始まりました。春は選抜から・・といわれるように天候に恵まれた開会式になりました。昨年優勝で、史上3校目の春連覇を狙う大阪桐蔭を先頭に出場36校の選手入場行進、わくわくしながら見ていました。選手宣誓で「大好きな野球ができる・・」という言葉がとても印象的でした。出場できなかったみんなの分も楽しんでほしいですね。国旗掲揚で全員が上を向いている場面がテレビに映し出されましたが、みんな最高の素敵な顔でした。昨年は大坂勢同士の決勝戦でしたが、今年はどうなりますか。もてる力を出し切って思いっきり野球をしてほしいです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

28 組わせ決定

Photo高校野球春の甲子園・・第90回選抜高校野球2018の対戦相手が決まりました。優勝候補の1番手に上げられている大阪桐蔭には、21世紀枠で選ばれた初出場の伊万里が決まりました。食らいついて面白い試合になればと思います。情報を集めますと、大阪桐蔭がやはり評判がいいですね。ドラフト候補の選手が多く集まり投打に全国トップクラスという感じがします。そして明治神宮大会で大阪桐蔭を破った長崎の創成館、神宮大会優勝の明徳義塾が強そうです。それに続くのが千葉の中央学院、茨城の明秀学園日立、東京の日大三高、栃木の国学院栃木が強そうですね。今大会は初出場が10校もありますので初出場旋風を期待したいです。私的な大胆予想・・ベスト4は大阪桐蔭・日大三高・中央学院・創成館。早く始まらないかと待ち遠しいです。

| コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧